(※写真はイメージです/PIXTA)

「休日は何もしていませんよ」という夫婦もいるでしょう。しかし、「休日にするか、しないか」は、家計破綻の分かれ目だと言います。では、いったい、何をすべきなのでしょうか? 答えは意外にも、永遠のテーマになりそうな、「アレ」でした。ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏の著書『収入減でも家計がラクになる貯蓄術 貯金は「夫婦の会話」で9割決まる!』より紹介します。

「夫婦仲良くショッピングセンター」がダメなわけ

家計相談をするお客様のなかには、休日になると夫婦別行動という方もいます。ある夫婦の場合は、パートナーは野球好きで自分は某アイドルの追っかけと趣味が異なり、結果的に互いに趣味でつながる友人と行動していました。

土日をどう過ごすかは個々の自由です。必ずしも、パートナーと行動をともにする必要はありません。

 

しかし、家計的にはどうでしょう。夫婦が別々の物事にお金を使っていたら、支出はダブルでかかります。負担が重くなるのは避けられないでしょう。

 

家計にやさしいのは、休日を一緒に過ごす夫婦です。ただ、行動をともにするだけでは家計負担は軽くなりません。むしろ、一緒にいることがマイナスに働く場合もあります。

 

典型的なのが、夫婦で近場のショッピングセンターに出かけるケースです。休日になると「今日どうする?」「用はないけど、ショッピングセンターにでも買い物に行こうか」「そうね、遠出はお金かかるし、家にいても暇だしね」といった会話から始まるのではないでしょうか。

 

店内を夫婦でブラブラ。買う気はなくても、商品を見ていると欲しくなって、ついレジへ。気づけばお昼でランチをとり、歩き疲れたらカフェでひと休みと、出費はかさんでいきます。結局、近場のショッピングセンターならお金はかからないと思って足を運んだつもりが、1日の支出がレジャー費より高くなってしまう。

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

次ページインドア派の〝貯まる夫婦〞が休日に2人ですること

※本連載は、横山光昭氏による著書『収入減でも家計がラクになる貯蓄術 貯金は「夫婦の会話」で9割決まる!』(発行:東京ニュース通信社、発売:講談社)より一部を抜粋・再編集したものです。

収入減でも家計がラクになる貯蓄術 貯金は「夫婦の会話」で9割決まる!

収入減でも家計がラクになる貯蓄術 貯金は「夫婦の会話」で9割決まる!

横山 光昭

発行:東京ニュース通信社、発売:講談社

著書累計397万部、家計再生2万6000件以上の実績を誇るファイナンシャルプランナー・横山光昭の最新作。 夫婦の会話に隠されている節約術の数々を事例を交えて詳しく紹介。日常で交わしている何気ない会話に家計をやりくりす…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧