(※写真はイメージです/PIXTA)

「家のことなんだけど……」「車の支払いってさ……」。お金の話を始めると、パートナーにイラッとされる。または、パートナーがため息混じりに話し始める。こんな気まずい空気で話しても、建設的な意見は出にくいもの。前向きな話には、「タイミング」が関係するようです。ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏の著書『収入減でも家計がラクになる貯蓄術 貯金は「夫婦の会話」で9割決まる!』より詳しく見ていきましょう。

「平日の夜」や「週末」が話しやすくない理由

「夫婦でお金の話をするタイミング」というと、平日の夜か週末が適当だと思いがちです。しかし、平日の夜は一方が「仕事で疲れているから週末にでも」となりやすく、週末は週末で「今日はのんびりしたいから、また今度」となりがち。


このように堂々巡りになると、話を持ちかけたほうは「いつなら話せるの?」とイライラしますよね。言われたほうも「うるさいな、こっちも疲れている!」と険悪なムードに。
これを繰り返すと、お金の話をしなくなってしまいます。
円満にお金の話をするためには、いつ話を持ちかけるべきでしょうか?

 

理想的なのは、月1回、20〜30分程度でも、定例の「マネー会議」をすることです。
「それこそ面倒くさがられるのでは?」と思うかもしれませんが、予想に反して快諾してくれることがあります。

 

なぜかというと、パートナーがお金の話を先送りにしたがる理由の多くは、〝急に〞話を持ちかけるから。心と頭の準備ができていないため、「後回しにしたい」心理が働きます。それに対し、定例にすれば心と頭の準備ができるので、そこまで嫌がられないのです。

 

また、毎月20〜30分でも話し合っておけば、話さなければいけないことをためこまずにすみます。


何時間も話す必要もなく、“面倒なイメージ”はますますなくなるわけです。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

次ページ話し合うときはテレビをつけるよりも……

※本連載は、横山光昭氏による著書『収入減でも家計がラクになる貯蓄術 貯金は「夫婦の会話」で9割決まる!』(発行:東京ニュース通信社、発売:講談社)より一部を抜粋・再編集したものです。

収入減でも家計がラクになる貯蓄術 貯金は「夫婦の会話」で9割決まる!

収入減でも家計がラクになる貯蓄術 貯金は「夫婦の会話」で9割決まる!

横山 光昭

発行:東京ニュース通信社、発売:講談社

著書累計397万部、家計再生2万6000件以上の実績を誇るファイナンシャルプランナー・横山光昭の最新作。 夫婦の会話に隠されている節約術の数々を事例を交えて詳しく紹介。日常で交わしている何気ない会話に家計をやりくりす…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧