米国市場全体は大幅安も、独歩高の「エヌビディア」。一方、「上値の重い日本株」は…【ストラテジストが解説】

米国市場全体は大幅安も、独歩高の「エヌビディア」。一方、「上値の重い日本株」は…【ストラテジストが解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、マネックス証券株式会社が2024年5月24日に公開したレポートを転載したものです。

本記事のポイント

・エヌビディアの決算は市場予想以上
・米国市場全体は急落で大幅安
・金利上昇が重荷、日本株の上昇は見込み薄

エヌビディアの決算は市場予想以上

5月20日付けのマーケット展望(『日経平均の今週の予想レンジは3万8000円~3万9500円』)でも5月24日配信記事(『上値の重い「日経平均株価」、反転はいつか?いまは…【ストラテジストが解説】』)でも、エヌビディア[NVDA]の決算発表に対して過度な期待は禁物と述べたが、筆者のその予想は半分外れて、半分当たった。

 

エヌビディアの決算自体は非の打ち所がない内容だった。2024年2~4月期決算は純利益が前年同期比7倍強に、売上高が同3.6倍に拡大。市場予想を上回った。エヌビディアは5~7月期の売上高見通しを280億ドル前後と示したが、これも市場予想以上であった。10:1の株式分割も発表した。これらを受けて同社の株価は急伸し、終値は初めて1,000ドルの大台をつけた。

 

筆者は、エヌビディアの決算自体は良好なものになるだろうと述べた。しかし、市場の期待が高すぎて、その高いハードルをクリアするのは難しいのでは、とも述べた。ところがエヌビディアはあっさり、その「高いバー」をクリアしてみせたのだ。

米国市場全体は急落で大幅安

しかし、昨日(5月23日)の米国市場全体は大幅安となった。はっきり言って、エヌビディア1銘柄の独歩高だ。

 

ほかのハイテク株は、アップル[AAPL]をはじめメタ[META]、アルファベット[GOOGL]、マイクロソフト[MSFT]、アマゾン[AMZN]などGAFAMが軒並み安。アドバンスト・マイクロ・デバイシズ[AMD]、インテル[INTC]など半導体株も安い。結局のところ、エヌビディアは好決算だったが、株式市場は急落した。

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

次ページ金利上昇が重荷、日本株の上昇は見込み薄

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録