(※画像はイメージです/PIXTA)

地主の相続において、後継者選定は非常に難しい問題です。承継前までは上手く準備が進んでいると思い込んでいても、承継後に想定外の事態となるケースも少なくありません。本記事では白川家(仮名)の事例とともに、地主の相続における後継者選定の注意点について、ティー・コンサル株式会社代表取締役でメガバンク・大手地銀出身の不動産鑑定士である小俣年穂氏が解説します。

黒幕の存在

話によると、一成の妻が実質的な社長のように振舞っているようだ。また、社名の変更も検討しているという。

 

一成は、どちらかといえば以前からあまり表立ってリーダーシップを発揮するタイプではなく、言われたことをそのとおりに実行するような性格である。代表取締役に選任した理由も、自ら会社をコントロールしようとすることはないであろうとの判断からであった。

 

振り返って考えると、嫁が裏で糸を引いていた可能性が高いといまでは思っている。

まとめ:後継者の選定はじっくり慎重に

・円滑な承継を志して実施したものの後継者から思わぬ対応を取られることがある
・長男などに拘らず人望のある適性の高い人物を後継者に据える必要がある
・遺産分割の際にも問題になるが、長男の嫁(または娘の夫)などが裏で糸を引いているケースがある
・「種類株式」や「属人的株式」の導入も検討し、しばらく様子をみることも対策のひとつである
・後継者の選定にあたっては独断で決めずに、多くの助言を得たうえで判断することも必要である
・仮に、株式を子供たちに等分で承継させる場合には将来的な争いのもとを作ることになりかねないことから基本的には1人に承継させるべきである

 

地主の相続における後継者選定にあたっては、以上のポイントに注意したい。

 

 

小俣 年穂

ティー・コンサル株式会社

代表取締役

 

<保有資格>

不動産鑑定士

一級ファイナンシャル・プランニング技能士

宅地建物取引士

 

業者がうたう“表面利回り”を鵜呑みにするな!
あらゆる事態を想定した
「不動産投資の収支」大研究
>>6/25開催

 

富裕層だけが知っている資産防衛術のトレンドをお届け!

             >>カメハメハ倶楽部<<

 

 

カメハメハ倶楽部セミナー・イベント

 

【7/27開催】認知症対策だけじゃない!
数世代先の相続まで見据えた

資産管理・承継ができる「家族信託」活用術

 

【7/30開催】“マイクロ法人”のメリットを
最大限に享受できる「相続対策」の進め方

 

【8/1開催】「連年贈与」のウソ・ホント!
税務調査で否認されない“生前贈与”の進め方

 

【8/3開催】「暦年贈与」と「相続時精算課税」
どちらを選ぶ?改正のおさらい&これからの相続税対策

 

【8/3開催】2024年、相次ぐ建設会社の破産
―今後の展望と 投資家大家が備えるべきこと

 

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録