(※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、マネックス証券株式会社が2024年4月5日に公開したレポートを転載したものです。

足元一番のリスクは利下げの道筋が見えないこと

Finacial Timesのグローバル・ビジネス・コラムニスト、ラナ・フォルーハーの記事によれば、「米市場調査会社カレンシー・リサーチ・アソシエイツは2月の報告書で、エヌビディアのいまの株価は今後4,500年間、配当を出し続けなければ正当化できないと指摘した」という。どういう前提によるモデルかがわからないので、なんともいえないが、そのような見方があるのも事実ということである。

 

相場全体にせよ、個別株にせよ、バリュエーションの議論は難しい。いかようにも解釈できる、言い換えれば絶対的な正解がないからだ。

 

しかし、われわれがこれまで過去に参考にしてきた「常識的な」尺度というものはある。それに照らせばいまの米国株の金利対比のバリュエーションは割高である。This Time Is Different という声はあっても、である。

 

この状況を解消するには、FED(連邦準備制度)の利下げの道筋が見えることだが、それが一向に見えなくなってしまっているという点が、足元の一番のリスクである。

 

 

広木 隆

マネックス証券株式会社

チーフ・ストラテジスト 執行役員

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

 

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■月22万円もらえるはずが…65歳・元会社員夫婦「年金ルール」知らず、想定外の年金減額「何かの間違いでは?」

 

■「もはや無法地帯」2億円・港区の超高級タワマンで起きている異変…世帯年収2000万円の男性が〈豊洲タワマンからの転居〉を大後悔するワケ

 

■「NISAで1,300万円消えた…。」銀行員のアドバイスで、退職金運用を始めた“年金25万円の60代夫婦”…年金に上乗せでゆとりの老後のはずが、一転、破産危機【FPが解説】

 

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧