部下を励ますための「不幸自慢」は“逆効果”…落ち込んでいる部下に上司がすべき「声かけ」のコツ【マネジメントのプロが解説】

部下を励ますための「不幸自慢」は“逆効果”…落ち込んでいる部下に上司がすべき「声かけ」のコツ【マネジメントのプロが解説】

誰しも仕事で落ち込むことはあります。部下が落ち込んでいるとき、上司はどのような対応をすべきなのでしょうか。そこで今回は、横山信弘氏による著書『若者に辞められると困るので、強く言えません』(東洋経済新報社)から、落ち込んでいる部下への“適切な”対応を見極めるコツについて解説します。

部下に「ガス抜き」をさせないようにしよう

 

「溜まっているものは、吐き出したほうがスッキリする」と言う人がいる。気分転換、ストレス解消のために「ガス抜き」を推奨する書籍も多い。

 

私は絶対にやめたほうがいいと思っている。先述したとおり、「追体験」をするため、ネガティブな思考が強化されるだけだからだ。

 

それゆえに、「俺には、お前の話を聞いてやることしかできないから」と部下に声をかけるマネジャーは気をつけるべきだ。「傾聴の大切さ」を研修で習い、やたらと部下に声をかけ「何でも聞くから、話せ」というマネジャーがとても増えている。

 

だが、下手な傾聴はやめよう。しかも、部下が「聞いてください」と言ってもいないのに、「落ち込んでるんだろ。言えよ。私が聞いてあげるから」と働きかけるのは、単なるマネジャーの自己満足だ。無意識のうちに「私は君のよき理解者だ」とアピールしたいがための行為になっていないか。気をつけよう。

 

基本的には、部下と目を合わせず、心で見守るだけでいい。心で見守っていると、感度が上がり、ちょっとした部下の言動に対して敏感になる。

 

「課長、来週の案件で相談に乗ってほしいことがあるんですが」

 

「おう。どうした?」

 

落ち込んでいる要因には触れず、未来に向かって動き出そうとしている部下に対し、親身になって接してやればいい。​声をかけるにしても、

 

「そういうときもあるさ」

 

「ドンマイ、ドンマイ」

 

と言う程度でいい。そうして、「正しい努力を続ければ、必ず自分の糧になる」という思考を、部下の脳にしっかりと築き上げるサポートをするのだ。部下本人は、上司のおかげで前向きになれたとは認識できないだろう。でも、それでいいのだ。

 

上司は手柄を欲しがってはならない。

 

 

横山 信弘

株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ代表取締役社長

経営コンサルタント

 

※本記事は『若者に辞められると困るので、強く言えません』(東洋経済新報社)の一部を抜粋し、THE GOLD ONLINE編集部が本文を一部改変しております。

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

 

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■月22万円もらえるはずが…65歳・元会社員夫婦「年金ルール」知らず、想定外の年金減額「何かの間違いでは?」

 

■「もはや無法地帯」2億円・港区の超高級タワマンで起きている異変…世帯年収2000万円の男性が〈豊洲タワマンからの転居〉を大後悔するワケ

 

■「NISAで1,300万円消えた…。」銀行員のアドバイスで、退職金運用を始めた“年金25万円の60代夫婦”…年金に上乗せでゆとりの老後のはずが、一転、破産危機【FPが解説】

 

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧