(※写真はイメージです/PIXTA)

日銀による「マイナス金利政策」の解除で、今後の住宅ローンの契約で「固定金利」と「変動金利」のどちらを選択するか、頭を悩ませている人も少なくありません。金利上昇リスクはありつつも、「変動金利や10年固定金利には節税のメリットがあることも知っておいてほしい」と、住宅ローンの専門家で、公認会計士でもある千日太郎氏は言います。千日氏の著書『住宅破産』(エムディエヌコーポレーション)より、詳しく見ていきましょう。

マンションか戸建てか…短期的な買い替えに向いているのは?

何年かで売却することを前提にマイホームを買う人もいます。特に都心の新築タワーマンションを住み替えていく人や、不動産投資を行う人にそうした傾向が見られます。

 

良くない例といえますが、本人がコイントスの裏表で家を買っていることを認識しており、その結果に自分で責任を取れると思っているならそれを止めることはしません。大いにけっこうだと思います。

 

都心のタワーマンションに住むことに毎月の返済額を払う価値があり、売却差額のリスクも込みで購入を続けるだけの収入があるのなら、「使用価値」の切り口で判断が行われているのです。

 

住宅ローンで購入した物件を売却するには、住宅ローンを完済しなければなりません。オーバーローンになっている場合はその分を返済するための資金をプールしておく必要があります。その貸借対照表はオーバーローンであっても債務超過ではない状態です。

 

そのため、購入後にマイホームの市場価値を定期的にウォッチし、貸借対照表が債務超過の状態になっていないことをチェックしておく必要があります。市場価値が大きく下がってしまい、債務超過となって売却できない状態になると困ったことになるからです。

 

出所:『住宅破産』(エムディエヌコーポレーション)より抜粋
【図表】売却を前提に買う人の貸借対照表 出所:『住宅破産』(エムディエヌコーポレーション)より抜粋

 

 

そして、購入物件は中古市場の価格を把握しやすく、中古で販売しやすいマンションが良いでしょう。特に都心の大規模タワーマンションであれば、利便性が良く多くの人がすでに住んでいるという実績があるため、購入希望者が建物の品質について比較的安心して購入する傾向があります。またそのマンションに多くの戸数があれば、売買事例もその分豊富にあるため、自分の部屋の相場を把握しやすいでしょう。

 

これに対して、戸建ては不向きです。その住宅に問題が無いかを判断するのに、得られる情報が限られており、中古で購入するのにマンションよりも障壁が高いからです。また、戸建ては立地だけでなく建物の仕様によっても評価額が変わるため、自分の家の相場を把握するのが容易ではないという面もあります。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

次ページ「変動金利」や「10年固定金利」には“節税メリット”も

※本連載は、千日太郎氏による著書『住宅破産』(エムディエヌコーポレーション)より一部を抜粋・再編集したものです。

住宅破産

住宅破産

千日 太郎

エムディエヌコーポレーション

日常の家計収支の面では賃貸も住宅ローンも同じです。住宅ローンを滞納すると、住宅を手放さなければならなります。マイホームの使用価値を享受するために所有者が払うリアルな金額は毎月の住宅ローンの返済額です。マイホーム…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧