(※写真はイメージです/PIXTA)

念願のマイホームを購入したものの、返済期間が長い「住宅ローン」を組む場合、やむを得ない事情でローンの支払いが困難になる可能性は十分にあり得ます。返済の滞納がある程度続くと、ローン残高の一括返済を請求されてしまう事態になるため、「その前にやっておくべきことがある」と、住宅ローンに詳しい公認会計士の千日太郎氏は言います。千日氏の著書『住宅破産』(エムディエヌコーポレーション)より、詳しく見ていきましょう。

「連帯保証」「連帯債務」を外すには“借り換え”が有効

 

共働き夫婦が協力して住宅ローンを組む際に、ほぼ必須となる「連帯保証」。アンフェアな連帯保証は、外せるものなら外したいですね。しかし普通に金融機関に『連帯保証を外してくれ』と言ってもまず無理でしょう、これは既得権だからです。最も有効な方法は借り換えです。借り換え先の新たな金融機関では一から契約をしなおすことになるからです。

 

新規の借入よりも、ある程度の返済実績を積んだ上での借り換えの方が遥かに審査は通り易くなります。1年以上延滞なく返済を継続しているならトライする価値があります。ある程度の期間返済を継続していて、その間の収入に大きな変動が無いのなら審査に通る可能性は高くなります。

 

住宅ローンを初めて借りる時よりも、現に借りていて借り換える時の方が住宅の担保評価額もかなりのゲタを履かせて貰えるのです。貸付限度額の基準については各行の機密ですが、「フラット35」を取り扱う住宅金融支援機構では公表されており、次のようになっています。

 

・新規借入時は住宅の担保評価額の90%が限度

・借り換え時は直前の借入額と住宅の担保評価額の200%の少ない方が限度

 

もちろんこれだけで決まる訳ではありませんが、それでもずいぶんと緩和されているのが分かります。また最低12回の返済実績がある事も条件となっています。ですから、当初は連帯保証でなければ借りられなかったとしても過去1年以上返済を継続していて、収入が安定していることを示せるなら、再度チャンスがあるのです。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

次ページ住宅ローンの返済を滞納したらどうなる?

※本連載は、千日太郎氏による著書『住宅破産』(エムディエヌコーポレーション)より一部を抜粋・再編集したものです。

住宅破産

住宅破産

千日 太郎

エムディエヌコーポレーション

日常の家計収支の面では賃貸も住宅ローンも同じです。住宅ローンを滞納すると、住宅を手放さなければならなります。マイホームの使用価値を享受するために所有者が払うリアルな金額は毎月の住宅ローンの返済額です。マイホーム…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧