算数や国語に「必要な知識」を自然や公園が「無料」で教えてくれる!<東京大学>に自分の子どもを3人入れた塾講師オススメの公園での遊び方

算数や国語に「必要な知識」を自然や公園が「無料」で教えてくれる!<東京大学>に自分の子どもを3人入れた塾講師オススメの公園での遊び方
(※写真はイメージです/PIXTA)

勉強への理解を深め、子どもの成績を上げるにはどうすればよいのか考えている人も多いのではないでしょうか? 小学校や中学校で学習する知識を、自然のなかや公園での遊びを通して身に着けることができます。著書『東京大学に3人の子どもを入れた 強い脳をつくる育て方――いつからでも、才能は伸ばせる! 』(自由国民社)より、高木美保氏が解説します。

自然が最高の教材になるワケ

自然に触れることは、都会ではなかなか難しいかもしれませんが、公園や土手には出かけられないでしょうか。何も高い料金を支払ってどこかの幼児教室に通わせなくても、野外は素晴らしい教材であふれています。

 

実際に自分の目で見て、手で触れて、においをかぐ。嗅覚・視覚・聴覚・触覚・味覚の5感で季節を感じることができます。春なら例えばつくしを摘むと手に緑の粉がつきますが、それはシダ植物の胞子です。理科の知識も身につけることができます。

 

自然の中で生きた学びを身に着ける

季節感を養うことは、実はテストでも役に立つのです。「セイヨウタンポポは日当たりのよい乾いた場所で生育し、オオイヌノフグリは日当たりがよく湿った場所で生育する」。これは中1の理科で学習する内容です。公園で触れていれば、自ずと理解できるでしょう。

 

つつじの蜜を吸ったことがあれば、つつじの花びらが根元でつながっていることを知りますから、中1で、つつじが合弁花であることを習ったときに「ああ、そういえば、つつじって花びらがつながっていたな」となるでしょう。「合弁花」は、中学3年間で繰り返しテストに出される重要な単語です。

 

また社会のテストで「桃の節句」の時期を問う問題が出たことがあるのですが、知らない中学生が多くて驚きました。「桃の節句」がひな祭りであることや、桃の花がいつ咲くかということを知らないのです。さらに古文の随筆や和歌においては、季節感がないと文章や和歌の意味を読み取ることは、かなり難しくなるでしょう。

 

季節感を肌で感じる

長男・次男は1歳から、長女は0歳から保育園に通っていました。「心身ともに健康な子」をめざし「自然の中で心を開放し、全身を使いきって遊びこむ」ことを大切にしている保育園で、毎日外で遊びころげ、お散歩や土いじりをすることによって季節感を肌で感じ5年あるいは6年間を過ごしました。それが心身の成長に役立っていたのだろうなあと思っています。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月13日(土)開催
必見!不労収入100万円の作り方
<創業35年>トーシンパートナーズが伝授
基礎から学ぶ「ワンルームマンション投資」

 

【海外不動産】4月17日(水)開催
利回り7%、値上がり率60%超の投資案件も!
世界の富裕層が熱視線を送る
「ドバイ不動産」最新・投資戦略

次ページ遊びの記憶が学習に生きてくる

※本連載は、高木美保氏による著書『東京大学に3人の子どもを入れた 強い脳をつくる育て方――いつからでも、才能は伸ばせる! 』(自由国民社)より一部を抜粋・再編集したものです。

東京大学に3人の子どもを入れた 強い脳をつくる育て方__いつからでも、才能は伸ばせる!

東京大学に3人の子どもを入れた 強い脳をつくる育て方__いつからでも、才能は伸ばせる!

高木 美保

自由国民社

「お金がない」「シングルマザー」「地方在住」の 「3ナシ状態」から子ども3人を東大へ! 成功の秘密を、お金の問題含めすべてお話しします。 【目次】 第1章 東大という「強力な切り札」を手に入れよう。 第2章 …

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録