[連載]自分の子どもを3人<東京大学>に入れた塾講師が教える「強い脳をつくる育て方」

※本連載は、高木美保氏による著書『東京大学に3人の子どもを入れた 強い脳をつくる育て方――いつからでも、才能は伸ばせる! 』(自由国民社)より一部を抜粋・再編集したものです。

本連載の著者紹介

学習塾・スクールオーク代表

岐阜県生まれ。住んでいたのは街中だが、母が田舎の「本家」跡取りで自身も跡取り娘として育てられる。「女のくせに」という男尊女卑感覚に辟易とし、また両親が不仲で幼い頃から苦労したため、家を出たい一心で「海が近く城内にある金沢大学」を目指す。

卒業後は大阪の広告・出版社、河合塾のチューター、高山の飛騨養護学校教諭(現特殊教育学校)を経て結婚。夫と松本の自宅で学習塾を営みながら、3人の子を助産院で立ち合いにて自然分娩。数年浮気が続いた夫に「家族を捨てても彼女と別れない」と言われ、泣く泣く8歳・2歳・0歳の子を連れて金沢へ。

小学校講師をしている時、縁あって大学時代の先輩と再婚。2人で塾を経営するが、夫と子ども達の折り合いが悪く、離婚。

その後、1人で学習塾「スクールオーク」を立ち上げ、「お金ナシ、シングルマザー、地方在住」の「3ナシ状態」で子どもを育て、3人とも東大に入れる。

著者紹介

関連書籍の紹介

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ