(※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、フィデリティ投信株式会社が提供するマーケット情報『マーケットを語らず』から転載したものです。※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

FRBはQT縮小・終了を検討…見込まれる「利下げ」の可能性

[図表1]に示すとおり、昨年の終盤から、「レポ金利」と呼ばれる短期金利に上昇圧力がかかったことで、米連邦準備制度理事会(FRB)は、量的引き締め(QT)の縮小(テーパリング)や停止・終了を検討しています。

 

[図表1]FRBの政策金利とレポ金利
[図表1]FRBの政策金利とレポ金利

 

筆者は、QT縮小(QTテーパリング)やQT停止・終了どころか、量的金融緩和(QE)の再開に加え、利下げも近いと考えています。中央銀行による流動性の供給や利下げは、資産価格にプラスに働く可能性があります。

 

まずは、現在進められている量的引き締め(QT)と、前回2017年からの量的引き締め(QT)との違いについて、ここが面白くて、大事なところなので、以下に説明します。

 

「量的金融緩和(QE)」と「量的引き締め(QT)」のキホン

まず、量的金融緩和(QE)からおさらいします。

 

1.[図表2]の【左側】に示すとおり、ふつう一般にイメージする量的金融緩和(QE)では、市中銀行が保有する国債を中央銀行が買い、代わりに市中銀行にマネー(準備預金)を供給します。

 

2.そして、【同じ図】の【右側】に示すとおり、ふつう一般にイメージする量的引き締め(QT)では、QEとは逆に、中央銀行が市中銀行に国債を売り、市中銀行からマネー(準備預金)を吸収します。

 

3.そして、市中銀行が持つマネー(準備預金)が減ることで、言い換えれば、市中銀行が短期金融市場に流すお金が減ることで、短期金利が上昇するという流れです。

 

[図表2]ふつう一般にイメージする量的金融緩和・QEと量的引き締め・QT
[図表2]ふつう一般にイメージする量的金融緩和・QEと量的引き締め・QT

 

[図表3]に示すとおり、前回の①QE(2008年11月~2014年10月;都合3回、QE1,2,3の通期)、②QT(2017年10月~2019年9月)、そして、③短期金利の上昇(2019年9月)はこうしたかたちで進みました。

 

[図表3]前回のQEとQT時のFRBのバランスシートとレポ金利
[図表3]前回のQEとQT時のFRBのバランスシートとレポ金利

 

資産を「守る」「増やす」「次世代に引き継ぐ」
ために必要な「学び」をご提供 >>カメハメハ倶楽部

次ページ今回の「量的引き締め(QT)」と2017年の“相違点”は…

あなたにオススメのセミナー

    【ご注意】
    ※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。•当資料は、情報提供を目的としたものであり、ファンドの推奨(有価証券の勧誘)を目的としたものではありません。
    •当資料は、信頼できる情報をもとにフィデリティ投信が作成しておりますが、その正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。
    •当資料に記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。また、いずれも将来の傾向、数値、運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。
    •当資料にかかわる一切の権利は引用部分を除き作成者に属し、いかなる目的であれ当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ