(※写真はイメージです/PIXTA)

軍部の政治介入が進み、日本は日中戦争に突入します。国民の生活を巻き込んだ「国家総動員法」の発令まで、政治経済はどのように展開されていったのでしょうか。著者『大人の教養 面白いほどわかる日本史』(KADOKAWA)より、有名予備校講師の山中裕典氏が、1930年から1940年代にかけての社会情勢について解説します。

日中戦争のはじまり

日本史で「戦時中」と呼ばれる時期には、日中戦争(1937~45)と太平洋戦争(1941~45、第二次世界大戦の一部)が重なりながら展開しました。

 

1941年以降に日本が戦った日中戦争と太平洋戦争について、当時の政府は「大東亜戦争」の名称を決定し(敗戦まで使用)、近年の歴史学研究ではこれをアジア・太平洋戦争と呼ぶことが増えています。

出所:『大人の教養 面白いほどわかる日本史』(KADOKAWA)より抜粋
[図表1]満州事変・日中戦争・太平洋戦争 出所:『大人の教養 面白いほどわかる日本史』(KADOKAWA)より抜粋

 

軍部の影響はどのように強まったのか

軍部が政治発言力を強めるなか、外交官の〔広田弘毅内閣〕は軍部大臣現役武官制を復活させて、軍部による内閣への介入が再び可能となりました。そして、ワシントン海軍軍縮条約が失効し、大規模な軍備拡張計画に基づき予算が大幅に増やされ、国防中心の戦時体制が作られました。

 

また、対外進出方針として「国策の基準」が決定されましたが、ここで示された、ソ連に対抗する北進論と、東南アジア・太平洋へ進出する南進論は、のちに膠着した日中戦争の打開策として実行に移され、太平洋戦争へとつながりました

 

1930年代の世界情勢について

出所:『大人の教養 面白いほどわかる日本史』(KADOKAWA)より抜粋
[図表2]1930年代の世界情勢 出所:『大人の教養 面白いほどわかる日本史』(KADOKAWA)より抜粋

 

世界恐慌の影響が拡大するなか、ドイツではヒトラーが主導するナチス政権が一党独裁(ナチズム)を確立し、ヴェルサイユ体制の打破を掲げて国際連盟を脱退し、再軍備を宣言しました

 

国際連盟を脱退し、ワシントン海軍軍縮条約も廃棄して国際的孤立を深めた日本は、〔広田内閣〕のもとで日独防共協定を結び(1936)、ソ連への対抗と共産主義の抑止を約しました(のちイタリアも含めた日独伊三国防共協定[1937]を締結)。

 

一党独裁(ファシズム)を固めていたイタリアも含め、日本は全体主義陣営(ドイツ・イタリア)との関係を深めたのです。

 

中国情勢の変化について

満州事変の終結後、関東軍は満州国の南にある華北を日本の影響下に置くため、中国人に親日政権を作らせる華北分離工作を進めました(1935~37)。しかし、国民政府の蔣介石は共産党との内戦に熱中し、抗日を求める声を顧みない。

 

こうしたなか、共産党との戦いで西安(かつての長安)にいた満州軍閥の張学良が、視察で西安を訪れた蔣介石を監禁し、内戦停止と抗日を要求すると(西安事件1936)、考えを改めた蔣介石は共産党との内戦を停止しました

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ日中戦争はどのようにはじまったのか

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、山中裕典氏による著書『大人の教養 面白いほどわかる日本史』(KADOKAWA)より一部を抜粋・再編集したものです。

    大人の教養 面白いほどわかる日本史

    大人の教養 面白いほどわかる日本史

    山中 裕典

    KADOKAWA

    累計400万人の受験生が学んだ大学受験日本史の参考書が、大人の学び直し用に生まれ変わりました! 有名人物や出来事、制度の名前など、ぼんやり覚えている日本史の知識が繋がる! “年代”と“流れ”が頭に残りやすく全体…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ