(※写真はイメージです/PIXTA)

「DINKs」ということばを聞いたことがあるでしょうか。これは“Double Income No Kids”の頭文字をとったもので、「共働きで子を持たない夫婦」のことを指します。世帯年収1,780万円で貯蓄は約1億円というDINKsのA夫妻は「完璧な老後計画」を立てていたはずでした。しかし、牧野FP事務所の牧野寿和CFPに相談したところ、思わぬ落とし穴が……。詳しくみていきましょう。

老後に向けて“完璧”な準備を進めていた共働きのA夫妻

Aさん(54歳)とBさん(48歳)夫婦は、都内の賃貸マンションに住んでいます。2人は大学卒業後、Aさんは都内に本社を置く大手金融会社に、Bさんは都内の大手小売会社に勤務しています。夫婦には子どもはいません。

 

老齢厚生年金の受給見込額や退職金の額が明確になるにつれて、老後の生活が不安になった2人。夫婦で計画表を作成したあと、Aさんの知り合いと親交のあった筆者のFP事務所を訪れました。

 

A夫妻の家計収支は…

A夫妻の世帯年収は、現在約1,780万円です。そのうちAさんの年収は約1,200万円で、6年後の60歳で定年退職すると、2,000万円の退職金が受給される予定です。その後は65歳まで、現在の約50%の年収で再雇用として勤務する予定となっています。

 

また、Bさんの年収は約580万円で、60歳で定年退職すると退職金が約850万円支給されます。

 

公的年金の受給見込額は、下記のとおりです。

 

<Aさん>

65歳から……老齢厚生年金:314万5,800円

71歳から……老齢厚生年金:274万8,300円

 

<Bさん>

65歳から……老齢厚生年金:171万8,600円

 

Aさんが71歳、Bさんが65歳となり、夫婦ともに年金を受給するようになると、年金受給額はあわせて446万6,900円(月額37万2,242円)となります。この金額は、現在の2人の年収の4分の1です。

※ 加給年金397,500円(令和5年度の額)を含む。

 

一方、毎月の生活費などの消費支出は約37万円※1で、夫婦の貯蓄は約1億円※2です。貯蓄については、夫婦がお互いの収入から出し合って貯めています。

※1 勤労者世帯(平均54.3歳)の消費支出額は36万2,648円(家計収支家計調査報告家計収支編2022年(令和4年)平均結果の概要より)。

※2 50歳代の貯蓄平均値は1,792万円。中央値750万円(金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(令和3年)」より)。

 

A夫妻の「理想の老後計画」

また、夫婦が作成した老後の主な計画は以下のとおりです。

 

① <住宅購入>Aが55歳になったら、7,000万円(諸経費すべて含み)の新築平屋の戸建て住宅を現金で購入。

② <リタイア年齢>A:65歳、B:60歳で完全リタイア。

③ <老後の生活費>退職後の生活費は、月30万円で維持。

④ <介護>介護が必要になったときは、夫婦とも自宅での介護を望む。

⑤ <相続>夫婦の資産はなるべく夫婦で使い切り、残った遺産は兄弟や甥姪に相続する

 

夫婦は相談の際、特に①について「住宅ローンを組まず、現金で家を購入することは可能か」と心配しておられました。

 

そこでまず、「現金7,000万円で新築戸建て住宅を購入する場合」と、「6,000万円を借り入れ、20年間の住宅ローン(全期固定金利、年利1.8%)を組んで返済する場合」をそれぞれ計算してみることにしました。

 

購入する住宅が「認定住宅」であれば、ローンを組むと「住宅ローン控除」で所得税が約340万円控除されます。しかし、返済利息が約1,149万円にのぼり、支払い総額は現金の場合より多くなります。

 

したがって、夫婦の計画どおり現金で購入したほうが得策です。

 

筆者の試算では、現金で住宅を購入して介護の必要なく生涯を過ごせば、Aさんが100歳を超えても7,800万円の貯蓄が残ります。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

次ページ2人は「自宅での介護」を望むが…

あなたにオススメのセミナー

    ※プライバシー保護の観点から、登場人物の情報を一部変更しています。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ