▲トップへ戻る
まつげエクステと原理は同じ!? 費用の高さが課題の「増毛」

「育毛」だけでなく、「増毛」にも挑戦をしてみた著者。しかし一般的な増毛法では、さまざまな問題があると感じたようです。 ※本連載は、2016年9月12日刊行の書籍『ハゲからの生還』から一部を抜粋して、育毛ビジネスの裏側をお伝えしています。

根元で固定する増毛法は、地毛が伸びてきたら厄介

私は、髪が薄くなったとき、ある育毛サロンで1回、増毛を試したことがあります。

 

増毛にもいくつか方法はありますが、いちばんポピュラーなのは、自分の地毛に増毛する髪を結びつけるやり方です。自分の本物の毛の根元に、たんぽぽの綿毛のように枝分かれした増毛を、がっちり結びつけて、たとえば1本の毛を3本に見せるわけです。

 

女性がまつげに施すエクステみたいなものですね。

 

手間がかかりますから、1日に施術できるのは数百本から数千本。それを何回かに分けて施術するのです。私は、これに何十万円か払いました。

 

ところが、たしかに髪が増えたように見えるこの方法にも、大きな問題がいくつかありまして……。

 

そもそもこの増毛法は、結び目がゆるいと取れてしまいますから、ガッチリと固定されていて、結び目がずらせないのです。

 

だから、ブラシでグイグイ髪を梳とかすのはご法度です。

そして、髪の毛が伸びてきたらどうなるのかが、もっと問題です。

 

増毛しても、髪の根元のほうは1本のままなので、そのまま伸びていけば下のほうのボリュームがなくなります。毛先だけが“竹ぼうき”のようにブワーッとふくらんでしまうわけです。

抜けた髪の形は、まるで「鳥の足」!?

さらに最悪なことには、その増毛した髪も、いつかは抜けます。

そのとき、抜けた髪の形が“鳥の足”のように枝分かれしていますから、落ちている毛を見た人は、「おやっ?」と思うでしょう。

 

自宅ならまだしも、会社でこれが落ちてたら、もうマイッちゃいます。

(お、落ちてるよ……。これ、俺のだってバレバレじゃん)と戦々恐々。人目を避けながら、急いで“落穂拾い”をするはめになります。

 

そして、極めつけは費用対効果が低いこと。また増毛したいと思ったら、エクステのやり直しになるからです。

 

それを繰り返さないといけないわけですから、よほどお金のある人でないと、増毛してコンスタントにフサフサでいることは難しいわけです。

株式会社エスロッソ 代表取締役社長 株式会社新日本情報システム 代表取締役社長

1971年7月生まれ。静岡県出身。大学中退後、サラリーマンとして働くなかで薄毛に悩み、独学で研究を重ねた結果、劇的な育毛に成功する。その後、2006年に独立。自身の体験をもとにした育毛事業を立ち上げ、圧倒的な効果を発揮する商品・サービスを次々と展開。「自分の経験を役立てて、同じ悩みを抱えた人たちを救いたい」という強い想いのもと、年間30000名以上の薄毛に悩む人々を救っている。

著者紹介

連載「ハゲから生還した著者」が明かす 育毛ビジネスの真実

 

ハゲからの生還

ハゲからの生還

杉山 哲矢

幻冬舎メディアコンサルティング

「ハゲ」・・・それは男性にとって、非常にデリケートかつ切実な悩みでしょう。  本書では、かつてハゲに苦しめられ、様々な努力の末に「超フサフサ」を取り戻した著者が、自ら体を張って検証した「本当に効果のある薄毛治療…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧