転職活動を“圧倒的に”有利に進めるために…“知識”や“意欲”にも増して重要な〈人脈力〉とは?【エグゼクティブ転職のプロが解説】

転職活動を“圧倒的に”有利に進めるために…“知識”や“意欲”にも増して重要な〈人脈力〉とは?【エグゼクティブ転職のプロが解説】
(写真はイメージです/PIXTA)

エグゼクティブ転職を成功させるにあたって、それまでに築いてきた人脈が強力な武器になることは間違いありません。本稿では、株式会社経営者JPの代表取締役・CEOの井上和幸氏が、転職活動における人脈の活かし方について解説します。

多くの人が見落としている「人脈力資産」

エグゼクティブの転職を支援していて、筆者が「もったいないな」「もっと有効活用すればいいのに」と感じるのは、転職希望者が持つ「人脈力資産」です。

 

企業が、転職を希望するエグゼクティブのどこに魅力を感じるかというと、「専門力資産(経験・知識・スキル)」「人間力資産(資質・人間性・タイプ)」、そして「人脈力資産」の3つです。とくに、コロナ禍を受けて「人脈力資産」の重みは一段と増したように感じます。

 

転職活動にあたって常に意識すべきことは、企業が候補者になにを求めているかという点です。

 

「専門力資産」は当然、多くの人が自覚的であり(ただし、しっかりすり合わせができている人は案外少ない)、「人間力資産」は意識できているか否かは人によりけり、まちまちです。

 

そして、ほとんど意識されていないのが「人脈力資産」です。

 

エグゼクティブが仕事を通じて、多種多様な関係者との間に培ってきた関係性や信頼性があってこそ、転職希望先企業が期待するような高く深い職務を遂行できるのです。

 

知識や意欲が重要であることは、いうまでもありません。しかし、即戦力として遂行力や統括力を求められるエグゼクティブには、担当業務を実際に動かすための「人脈力資産」が求められています。

転職活動では人脈を積極的に開示する

転職活動を進めるにあたり、筆者からまず推奨したいのは、面接時、あるいはその前の書類選考の段階において、どのような人脈を持っているかについて積極的に開示していくことです。

 

たとえば営業職の場合、どんな企業と取引をしていたかだけでなく、カウンターパートとなっていた人はどのような部署のどのような職責の人だったのか。とくに深く入り込んでいた案件では、取引先とどのようなコミュニケーションを取っていたのか。

 

商品やサービスを企画・開発・製造するような部門ならば、どのようなパートナー、ベンダーと付き合ってきたのか。これも「どの企業」だけではなく、どのような人に委託してきたのか。その人たちの実績はどのようなものなのか。

 

本社部門であれば、どのような他部門のとのやり取りをしてきたのか。自社のキーパーソンである社長や役員、事業部門の責任者などとのリレーションを持っているのか否か。

 

まずはこうした社内外の人たちとの付き合いについて棚卸しを行い、職務経歴書上や面接時で業務経験の話をする際、面接・面談相手に伝えることを重視してみましょう。それだけでも、相手の反応は大きく変わるはずです。

 

注目のセミナー情報

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

 

【海外不動産】7月26日(金)開催
【格安リセール】即完売した日本人オーナーの売却物件が出ました!
ロンドン通勤圏・1200万円台~・ネット8%以上
英・ロンドン不動産投資ウェブセミナー

次ページ応募先企業から信頼される「人脈話」とは

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧