不動産所得の赤字を活用して節税につなげる仕組み

本連載は、なごみグループ(税理士法人 和と社会保険労務士法人 和の合同事務所)の著書、『【増補改訂版】開業医・医療法人……すべてのドクターのための節税対策パーフェクト・マニュアル』(すばる舎リンケージ)の中から一部を抜粋し、ドクター向けの節税テクニックをご紹介します。

本業の所得から、副業の不動産投資での赤字を差し引く

《不動産投資で節税》

節税効果★★★★☆ 節税難易度★★★☆☆

 

不動産投資をされている先生は少なくないでしょう。不動産投資も、場合によっては節税につながります。その節税の仕組みはいたってシンプルです。ケース別に示します。

 

【ケース1】診療所・病院経営

 事業所得(診療所・病院経営・他の医療機関等からの給与)

 +△不動産所得(赤字)

 

【ケース2】医療法人経営

 給与所得(医療法人理事給与・他の医療機関等からの給与)

 +△不動産所得(赤字)

 

【ケース3】病院勤務

 給与所得(医療機関等からの給与・他の医療機関等からの給与)

 +△不動産所得(赤字)

 

以上、どのケースでも本業の所得から副業である不動産所得のマイナスを差し引き(損益通算)します。いかがですか。こんなに簡単なのです。

 

損益通算とは、「事業所得(診療所・病院経営)」「不動産所得(不動産投資による所得)」「譲渡所得(※1)」「山林所得(※2)」が赤字である場合には、ほかの所得から控除できるというものです。

※1 株式の譲渡損失や土地・建物の譲渡損失(一部例外を除く)は損益通算できません。

※2 山林を伐採して譲渡したり、立木のままで譲渡することによって生じる所得です。

一般に所得の高いドクターは節税効果も大きい

では、不動産所得はどう計算すればいいかです。例を示します。

 

【例】分譲マンションを3000万円で購入

 家賃収入10万円(月額)×12か月=120万円

 経  費

  減価償却費 60万円

  借入金利息 90万円

  管理費   10万円

  その他経費 20万円

  経費合計180万円

 収入120万円 − 経費180万円 = 赤字△60万円

 

このケースでは収支はゼロとなりますが、減価償却費を計上できるので不動産所得がマイナスになります。すると・・・・・・。

 

●診療所経営による課税所得が2,000万円の先生の節税額は、所得税24万円+住民税6万円となります。

●勤務医給与による課税所得が1,000万円の先生の節税額は、所得税約20万円+住民税6万円となります。

 

先生方の所得は高いケースが多いため、不動産所得の赤字額のおよそ30%〜50%もの節税効果が生まれることになります。

 

将来の不動産価値が読みにくい時代ですが、このような節税も考慮して考えれば、いまは比較的安い金額で不動産を購入できるチャンスといえるかもしれません。

 

Point

この対策のポイントは、不動産所得が減価償却等で赤字であることです。

なごみグループは、税理士法人 和と社会保険労務士法人 和の合同事務所。

《税理士法人 和》
税理士法人 和(なごみ)は、平成4年創業、本社は大阪市中央区。東京都千代田区に支社。クライアント数、約400件。医業経営コンサルタント協会会員、TKC医業・会計システム研究会会員、TKC全国会資産対策研究会会員、日本M&Aセンター理事会員、JPBM医業経営部会会員、一般社団法人メディカルスタディ協会監事。
地区医師会の顧問や医療機関へのアドバイス等の医業経営コンサルティングと、出資持分のない医療法人への移行などの事業・財産承継を中心とした資産税コンサルティングに強みを持ったサービスを提供している。
厚生労働省委託事業や金融機関等でのセミナー講演は年間40回以上にのぼる。
主な著書に『ドクターのための医院の財産承継&相続パーフェクト・マニュアル』(すばる舎リンケージ)ほか多数。

《社会保険労務士法人 和》
社会保険労務士法人 和(なごみ)は、昭和63年創業、平成21年法人化。
本社は大阪市中央区、大阪府摂津市に北摂オフィス。労働保険事務組合一般社団法人和併設。 日本人事労務コンサルタント特別会員、日本報連相センター法人会員。
病院、クリニックをはじめ多数の企業に人事労務サービスを展開。
医院開業時には採用支援・労務管理・給与計算等をまとめた「開業支援パッケージ」を提供するなど、ドクターの開業に関する不安を解消するツールを提供している。なかでもスタッフに院内ルールを定着させるための「就業ハンドブック」は、イラストや図式を挿入し、口語調で親しみやすいと定評がある。
平成27年11月プライバシーマーク取得。

写真は税理士法人 和の大阪事務所代表社員、岡本泰彦氏。

著者紹介

連載ドクターのための節税対策――不動産投資・控除申請・会社設立の基礎知識

本連載は、2016年7月21日刊行の書籍『増補改訂版】開業医・医療法人……すべてのドクターのための節税対策パーフェクト・マニュアル』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

【増補改訂版】開業医・医療法人……すべてのドクターのための節税対策パーフェクト・マニュアル

【増補改訂版】開業医・医療法人……すべてのドクターのための節税対策パーフェクト・マニュアル

税理士法人 和、社会保険労務士法人 和

すばる舎リンケージ

2025年には団塊の世代すべてが75歳を迎え超高齢化社会がスタートします。 厚生労働省はその2025年に向けて医療・介護のあるべき姿(ロードマップ)を示しており、病院は病床の機能分化を進め、診療所は主治医機能を強化してい…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧