「設置型社食サービス」導入後、離職者なし。「社員の健康=会社の健康」を証明する〈企業の実例〉

「設置型社食サービス」導入後、離職者なし。「社員の健康=会社の健康」を証明する〈企業の実例〉
画像:PIXTA

企業が従業員の健康を気遣い、手厚い福利厚生を設けたり、デジタルデバイスを利用して体調を管理させたりする事例が相次いでいることを知っているだろうか。少子・高齢化を背景とした人手不足が深刻となっていることや新型コロナウイルスの感染拡大などが背景にある。国連が2015年に採択したSDGs(持続可能な開発目標)では、「すべての人に健康と福祉を(目標3)」、「働きがいも経済成長も(目標8)」を掲げている。企業は「自社のブランディングの一環」としても従業員の健康サポートを充実し、目標を達成しようとしている。本連載では、全国で法人向けの出張マッサージサービスを手掛ける株式会社イーヤスの遠藤基平社長が、その経験をもとに「健康SDGs」を実践する企業を紹介し、その意義を具体的に解説する。

【2/28(水)無料Webセミナー】

CPA700%良化を実現!
PRと運用型広告を組み合わせたハイパフォーマンス認知とは

 

社員の健康維持に役立つ最も手軽な方法は、「食」の健全化です。人間にとって食は最も身近で、毎日の体調や健康に直接かかわるからです。「仕事が忙しい」といった理由で食事をとらなかったり、栄養バランスが悪くなったりすると体調が悪くなることもあります。そうした状況が続けば、生活習慣病になってしまったり、休職や退職につながったりするリスクが高まります。

 

社員の食生活の改善は、企業の生産性向上や持続的な成長にも重要なのです。今回は社員の食事をサポートし、健康SDGsを実践する企業の事例を紹介します。

「1グラム単位で20品目のおかず」を提供する社員食堂

「ああ疲れた。自炊する気にならないから、コンビニエンスでカップ麺と菓子パンでも買ってすませるか」。こんなこと、会社員ならよくありますよね。時々なら良いと思いますが、毎日のようにコンビニ飯や外食ですませていると、栄養バランスが偏りがちになります。一人暮らしの場合は、「野菜を買っても料理ができない」「分量が多く食べきれない」などの理由で、野菜や果物を食べる機会がほとんどない人もいるようです。

 

ここで強い味方になるのが社員食堂です。質の良い社員食堂では、主菜・副菜とバランスのよい食事ができるので、足りない栄養を補うことができるのです。システム開発業K社は、社員食堂でサラダや栄養バランスに配慮したおかずなどを提供しています。K社で面白いのは、20品目のおかずを1グラム単位で提供していることです。社員が気分に合わせてバイキング形式で好きな量を皿に盛ることができます。

 

野菜や栄養バランスに配慮したビュッフェのある社員食堂
野菜や栄養バランスに配慮したビュッフェのある社員食堂

 

日替わり定食やどんぶり、カレー、パスタ、ラーメンなど多彩なメニューも提供していますが、デリが1番人気です。社員食堂利用者の25%が利用しているそうです。K社は、社員食堂がありながら、不定期で他社のヘルシー弁当や女子栄養大学が監修した弁当なども販売しているそうで、社員の食のサポートに力を入れています。

 

《最新のDX動向・人気記事・セミナー情報をお届け!》
≫≫≫DXナビ メルマガ登録はこちら

次ページサラダやおかずを冷蔵庫に常備。男性社員に起こった変化

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ