(写真はイメージです/PIXTA)

相続の相談先には弁護士や税理士、行政書士……といった多くの選択肢があり、内容によっては、特定の専門家にしか対応できないケースもあるといいます。本記事では、ケース別に相談先となる専門家の選び方を解説します。

弁護士への相続の相談料はどのくらいかかる?

弁護士を相続の相談先に選んだ場合、その相談料はどの程度になるのでしょうか? 最後に、相談料と弁護士報酬について解説します。

 

初回相談料は無料から10,000円程度

平成16年4月以降、弁護士報酬は自由化されています。そのため、相談料は事務所ごとに異なりますので、相談先の事務所へあらかじめ確認するとよいでしょう。一般的に、相続に関する初回相談は無料または10,000円程度の安価としていることが多いです。

 

依頼時の報酬は着手金+成功報酬が基本

相談後、実際に依頼した場合の報酬は、事務所や依頼内容によって異なります。初回相談時に料金体系を確認しておくとよいでしょう。一般的に、依頼時に支払う「着手金」と、業務終了時に支払う「成功報酬」の二段階に設定されていることが多いといえます。

 

まとめ

相続が起きた際の相談先は、それぞれの資格や事務所の特性などを確認のうえで、慎重に選択しましょう。適切な専門家へ相談をしないと、貴重な時間や相談料が無駄になってしまうためです。

 

 

堅田 勇気

Authense法律事務所

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ