東大病院・勤務医から地方・開業医へ。行列のできる眼科医が語る、現状に固執しない柔軟なキャリア形成のポイント (※写真はイメージです/PIXTA)

環境的要因と遺伝的要因から最適な治療を導き、医療の質を向上させる新たな概念である「ペイシェント・ベイスド・メディスン(PBM)」は、従来の標準化された治療方針では見落とされてしまう、遺伝情報や患者個々の出身地や生活歴などの背景を考慮した治療を行うものです。東大病院に勤務後、現在は年間10万人を超す外来患者が殺到する眼科病院の理事を務める眼科医・宮田和典氏が、次世代医療の要と成り得る「ペイシェント・ベイスド・メディスン(PBM)」について詳しく解説します。

自由な研究環境を求めて東大へ

私がペイシェント・ベイスド・メディスン(以下、PBM)という考えに思い至ったのは、私自身の半生や取り巻く環境が大きく影響を及ぼしています。

 

私は久留米大学医学部出身ですが、出身大学ではない東京大学を研修の場として選んだのは、東大は実力さえあれば、学閥にとらわれずに自由に研究ができると聞いたからでした。

 

実際に東大時代は、専門である角膜疾患や白内障の臨床、角膜内皮細胞の培養などの基礎研究と、多くの興味深い研究に没頭することができました。

 

しかし私が東大で研究できる期間には限りがありました。いずれは故郷に帰り、実家の病院を継ぐと決めていたからです。

 

ただ、私が実家に戻って家業を継ぐにあたって、一つだけ条件を出しました。それは「研究室を作ってくれるのであれば、宮崎に戻る」というものです。

 

父はこの条件をのんでくれました。そこで私は宮崎県に戻って、病院を継いでからも、研究に打ち込むことができたのです[図表1]

 

[図表1]宮田眼科病院の研究室

「未来ではなく今すぐ患者を治したい」

宮崎県に戻って初めのうちは、角膜内皮細胞の培養など、東大病院時代の研究をそのまま継続して行っていました。当時はまだ、内皮細胞を培養できる人材が日本で少なかったため、依頼を受けていろいろな大学に細胞の供給なども行っていました。

 

ところが次第に「私がやるべき仕事はこれでよいのだろうか」という疑問が湧いてきました。

 

私たちのところには毎日のように、白内障で瞳が真っ白になってしまったり、感染症で失明寸前だったり、あるいはすでに角膜に穴が開いてしまっていて緊急の移植手術をしなければならない多くの患者が訪れます。

 

患者の中には既存の治療法でうまくいく人もいれば、そうでない人もいます。

 

日々診療に励む中で「自分がすべきことは細胞培養のような基礎研究ではなく、今、目の前で苦しんでいる患者を一人でも多く救うための研究ではないだろうか」という考えが次第に頭の中を占めるようになっていきました。

 

研究には細胞や実験用マウスを使った基礎研究と、実際の患者を対象とした臨床研究があります。私が東大時代から行っていたのは基礎研究です。

 

基礎研究は新たな治療法や薬を発見するために、極めて重要なものです。しかし基礎研究の結果が出るまでには長い時間、多くの場合は十年単位の時間がかかります。研究の成果が出て、患者に還元できるようになるまでには、ひと世代はゆうにかかるのです。

 

私たちのところへ眼の痛みや苦しみを訴えてやってくる患者は、何十年も待つことはできません。今この瞬間に、痛みを抑えて光を取り戻したくて私たちを頼って来てくれているのです。

基礎研究から臨床研究へ

このことに気づいた私は、それまで抱えていた研究を、東大のかつての同僚や後輩たちに研究費や研究テーマをあわせてすべて委ねました。基礎研究を積み重ねて、ゼロから新しい治療法を発見するのは今の私の仕事ではなく、大学の仕事だと感じたからです。

 

そして私自身は今すぐ診療に使えて、目の前の患者を効率よく治すことのできる方法を追求する方向に、大きく舵を切ったのです。

 

10年後ではなくて今すぐ、明日にでも、目の前で苦しむ患者を治したかったのがその理由です。

あなたにオススメのセミナー

    宮田眼科病院・医療法人明和会理事長 日本眼科学会監事・日本眼科学会評議員・日本眼科手術学会監事・日本角膜移植学会理事・日本角膜学会評議員・日本白内障屈折矯正手術学会理事・日本白内障学会評議員・日本眼感染症学会評議員・日本アイバンク協会評議員・宮崎県眼科医会理事・宮崎県アイバンク協会理事

    ラ・サール高等学校、そして久留米大学医学部を卒業した後、1984年東京大学医学部眼科に入局。助手を経て、1991年、博士号を取得後、講師になる。在職中は、カリフォルニア大学サンフランシスコ校に留学した。
    帰国後、医療法人明和会宮田眼科病院の副院長に。
    1999年に院長、2008年に理事長に就任。
    1990年代前半からエキシマレーザーの基礎研究に携わり、
    白内障手術・眼内レンズ・人工角膜ではエキスパートとして知られている。

    著者紹介

    連載標準化された治療の限界を突破!遺伝・環境要因を考慮した次世代医療のすすめ

    ※ 本連載は、宮田和典氏の著書『診断治療の質を上げる ペイシェント・ベイスド・メディスン』(幻冬舎メディアコンサルティング)から一部を抜粋し、再構成したものです

    診断治療の質を上げる ペイシェント・ベイスド・メディスン

    診断治療の質を上げる ペイシェント・ベイスド・メディスン

    宮田 和典

    幻冬舎メディアコンサルティング

    患者の出身地や食生活によって、かかりやすい病気、重症度が変わる――。 環境的要因と遺伝的要因から最適な治療を導く。医療の質を向上させる新たな概念「PBM」とは? 1990年代にカナダで提唱された「エビデンス・ベイスド…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ