婚活アプリで知り合った女性から〈FX詐欺と脅迫〉…。どのように解決できるのか?【弁護士が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

マッチングアプリの普及により、結婚・投資詐欺に遭う方が最近は増えています。将来の結婚資金を貯めようという話から、気づけば「いい投資先がある」と儲け話に発展してくケースがあるようです。そこで実際にココナラ法律相談のオンライン無料法律相談サービス「法律Q&A」によせられた質問をもとに、結婚・FX詐欺にあった際の対応について松本理平弁護士に解説していただきました。

 

LINE指示どおりに投資。その後脅迫…

相談者のespさん(男性)は、婚活アプリで知り合った台湾人の女性から結婚・投資詐欺に遭ったと言います。

 

女性から「結婚資金のためFXで一緒にお金を増やさないか」と提案され、相談者はFX口座を二つ開設。女性がLINEで指示したとおり、これまで総額380万円を口座に入金しています。相談者はFXの知識はなく、銘柄、数量、購入時間も女性の指示どおりにしていたら、約10万ドルの損金になってしまいました。

 

その後、女性が2万米ドルと3万米ドル入金し損金補填期間が延長となりましたが、残損金は約53万米ドル(約580万円)に増え、入金しないと弁護士から手紙を送ると女性に言われてしまいました。

 

女性との返済の話がこじれて「あなたの家族を探して必ず復讐する」と脅迫もされています。(※女性とのやりとりはすべてLINEで行っており、保存してあると言います)

 

精神的にも追い詰められた相談者は、ココナラ法律相談「法律Q&A」に、今後どのように対応したらいいのか相談しました。

国際ロマンス詐欺の現状

espさんはどのような犯罪に巻き込まれたのか

espさんの受けた手口のような事案については、昨今「国際ロマンス詐欺」と呼ばれています。このような国際ロマンス詐欺は、一般的にという次のような流れで犯行がされます。

 

マッチングアプリでマッチする

アプリ内でのメッセージのやり取りからLINEに誘導される

LINEのやり取りで投資を勧誘される

送金を促される

連絡が取れなくなる

 

espさんのように、送金後も脅迫されるケースや、返金を要求した際に贈与税を前金で支払わないと返金できないとして、2次被害にあうケースもあります。

 

また、残念ながら、弁護士による詐欺まがい取引で被害を拡大させてしまうケースも散見されます。この弁護士による二次被害については、後ほど詳述します。

 

国際ロマンス詐欺の被害回復の現状

基本的にかなり難しいと言えます。一般的に、国際ロマンス詐欺の被害回復の方法として考えられるものとしては、(1)加害者への請求、(2)加害者を手伝った人への請求、(3)アプリ運営会社への請求が考えられます。

 

あなたにオススメのセミナー

    青山北町法律事務所 弁護士
    合同会社 青山北町リサーチ 代表社員
    一般社団法人 探偵協会 理事 

    第一東京弁護士会所属。複数の都内法律事務所での勤務及び大手金融機関での出向を経て、青山北町法律事務所を設立。探偵会社「青山北町リサーチ」を主宰し、一般社団法人 探偵協会の理事も務めるなど調査業務についても対応でき、身元調査や浮気調査についても対応可能。その他、コメンテーター等にてメディア露出多数。

    【⇒青山北町法律事務所HP(https://aokita-law.com/)】

    著者紹介

    検索メディア

    一人ひとりにあった弁護士が見つかる検索メディア「ココナラ法律相談」。離婚や相続、刑事事件など個人の人生を左右する法律トラブルから、契約書作成や営業妨害、債権回収など法人・個人事業主のビジネスに関わる法務依頼まで、一人ひとりの悩み分野にあった、強みのある弁護士を見つけられます。また、悩み投稿に弁護士が無料回答する法律Q&A機能を活用した情報収集が可能です。

    ココナラ法律相談
    https://legal.coconala.com

    著者紹介

    連載弁護士検索メディア『ココナラ法律相談』に寄せられた法律に関する疑問を、弁護士が徹底解説

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ