その会社「儲かっている?」「つぶれそう?」企業の経営状況が、一目でわかるようになる方法

決算書の読み方に関する本は数多くありますが「解説本を読んだけれど読めるようにならなかった」「実際に決算書を読むのは難しい」という声をよく耳にします。しかし、専門家を目指しているわけではないビジネスパーソンに必要なのは、会社が「儲かっているか」「つぶれないか」というシンプルな2つの要点を、決算書から読み取れるようになることです。銀行員、コンサルタント、M&Aアドバイザーと「決算書を読む」仕事に約30年携わってきた著者が、キャリアのなかで確立した「決算書の読み方」のエッセンスをわかりやすく紹介します。

決算書は取引先、銀行、投資家、就職活動者…その企業に関わるすべての人にとって重要

決算書は、会社経営の結果を数字であらわしたものです。決算書を見ると、いろいろなことがわかりますが、そのなかでも特に重要なのは、その会社が「儲かっているか」、また、「つぶれなそうか」の2つです。

 

「儲かっているか」を収益性、「つぶれなそうか」を安全性といいます。会社をとりまくさまざまな関係者は、収益性と安全性がわかることで、会社との付き合い方を決めることができるようになります。

 

取引先は、取引を続けるかどうか。投資家は、その会社の株を買うかどうか。銀行は、お金を貸すかどうか。就職活動をしている人は、働くかどうか。従業員は、働き続けるかどうか。会社の関係者にとっては、その会社がきちんと支払ってくれるかが重要です。

 

取引先なら代金、投資家なら配当、銀行なら融資の返済、従業員なら給料です。決算書で収益性と安全性がわかることで、きちんと支払ってくれるかの判断に役立てることができるのです。

 

決算書は共通のルールによってつくられるので、過去の数字とくらべたり、他の会社とくらべたりすることもできます。決算書が読めるようになるということは、その共通のルールを知って、収益性や安全性を判断できるようになるということです。

決算とは?

会社は通常1年ごとに決算書を作ります。これを決算といいます。3ヵ月ごとに作る決算書もありますが、重要なのは1年ごとの決算書です。

 

家電量販店などでは「決算セール」をやることがありますが、決算の前に決算書の数字をよくしようとしてセールをしているんですね。決算書の基準の日を決算日といいます。

 

たとえば、3月末が決算日なら、毎年4月1日から3月末までの1年間の数字に基づいて決算書を作ります。「2022年3月期」というと、2021年4月1日から2022年3月末までの決算ということです。日本の会社は3月決算が多いので、「決算セール」も3月が多いです。

[図表1]

決算書はどこで見られる?

会社には上場企業と未上場企業があります。上場企業は決算書を公表しています。上場企業は、証券会社を通して、誰でも、その会社の株を買うことができるような会社です。トヨタとかNTTのように、誰もがよく知っているような大企業の多くは上場企業です。

 

誰でも株を買うことができるので、投資家がきちんと判断できるように、情報開示のルールが決まっているんです。上場企業が公開している資料でもっとも詳しいのが有価証券報告書で、決算書も載っています。

 

ほとんどの上場企業は、自社のホームページに有価証券報告書を掲載しています。有価証券報告書は略して「有報」ということも多く、私が有報を見たいときは、「有報NTT」といったキーワードで検索します。

 

ただ、日本の上場企業は4,000社ほどしかありません。日本には、個人経営を含めて386万社の企業がありますが、大多数の会社は上場していない未上場企業なんです。オーナーがすべての株をもっているオーナー企業は、典型的な未上場企業です。

 

未上場企業のほとんどは決算書を公表しておらず、簡単に見ることはできません。決算書を見たいときは、会社と信頼関係があれば、その会社にお願いして見せてもらいます。会社に見せてもらうことができない場合、有料になりますが、帝国データバンクや東京商工リサーチといった信用調査会社を通して、見ることができる場合もあります。

あなたにオススメのセミナー

    公認会計士

    1971年生まれ。東京大学経済学部卒業。日本興業銀行(現みずほ銀行)にて融資業務、決算業務に従事。財務コンサルタントを経て独立し、M&A仲介会社を設立。約30年間にわたり、銀行員、コンサルタント、M&Aアドバイザーといった多面的な実務経験を通じて決算書を読み続け、決算書のエッセンスを見極める手法を確立した。脳と言葉の技術であるNLPにも精通しており、現在は、心と数字のわかるコンサルタントとして活躍している。著書に『「会社の数字」がみるみるわかる! 決算書のトリセツ』『脳と言葉を上手に使う NLPの教科書』(実務教育出版)などがある。

    著者紹介

    連載社会人なら知っておきたい!企業の経営状況が手に取るように分かる「決算書を読む方法」

    本連載は、前田忠志氏の著書『「会社の数字」がみるみるわかる! 決算書のトリセツ』(実務教育出版)から一部を抜粋し、再構成したものです

    「会社の数字」がみるみるわかる!決算書のトリセツ

    「会社の数字」がみるみるわかる!決算書のトリセツ

    前田 忠志

    実務教育出版

    「決算書を読めるようになるのは、実は、結構簡単です。英語、IT、会計がビジネスパーソンの3大スキルなんて言われていますけれど、コスパが高いのは、会計です。」 決算書の読み方に関する本は数多くありますが、途中で挫折…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ