新卒社員の「入社3年未満の離職率」が高止まりしているワケ ※画像はイメージです/PIXTA

ひとり採用するのに60万円とも70万円ともいわれる新卒採用。当然ながら新卒社員には順調に育ってほしいものですが、入社3年未満の離職率は高止まりしています。原因はなんでしょうか? 詳しく解説します。

 

【2/21 無料Webセミナー】

〈出版社幻冬舎グループのコンテンツ企画・制作方法を大公開
MAを活用したコンテンツマーケティングを徹底解説

多くの新卒社員が3年未満に離職してしまう現状

厚生労働省のデータを見ると、大学を卒業した新卒社員の3年未満での離職率は、ここ10年30%台の前半で推移しています(※)。

新規学卒就職者の離職状況を公表します

 

これでも十分高いですが、このデータは職種や企業の規模を考慮しない平均値ですから、「当社の離職率はもっと高い」と感じる人も多いのではないでしょうか。

 

ただ、社員が辞めさえしなければ問題がないわけではありません。最悪なのは、新卒社員を獲得してはみたもののまったく戦力にならず、それでいて辞めることもないという状況でしょう。このような「社員のお荷物化」も、特に大手企業では珍しくないはずです。理想は新卒社員を早期に戦力化することにほかなりません。

 

そのために、まずは新卒採用がうまくいかない理由を知ることから始めましょう。早期離職の原因の上位には、常に「会社や仕事が想像と違った」「福利厚生が不満足」などが挙がります。ここで、気を付けなければならないことがあります。それは、この理由をそのまま鵜呑みにしてはいけないということです。

 

これを鵜呑みにしてしまうと、会社として行う施策は、たとえば、「会社説明をより細かく」「インターンシップ制度の拡充」「福利厚生の可能な限りの充実」ということになるわけですが、残念ながらこれでは問題は解決されません。もしこんなに簡単に解決しているのであれば、新卒者の離職率が10年以上も30%台で高止まりするわけがないのです。

採用担当者が念頭に置くべきこと

重要なことは採用の仕方です。売り手市場の昨今、採用担当者は「新卒を採らなければならない」というミッションを背負い、とにかく頭数をそろえにいくというだけの採用になってしまっているケースが多いです。企業からすれば莫大な経費を投じて募集をしているわけですから、その期待を一身に背負っている採用担当者が「計画どおりに採用ができた」という体裁を整えたくなる気持ちはよくわかります。

 

求職者に対し、「働きやすい職場で、仕事は楽である」と必要以上にみせようとしたくなることは容易に想像がつきます。しかし、これでは結局入社後お互いにとってよい結果にはなりません。採用では伝えなければならない事実はしっかりと伝えましょう。つまり、新人には成長を求めていること、そして戦力になって欲しいことです。

 

本当に求めていることをぼかして数合わせに走ってはいけません。なぜ採用活動を行っているのか、どうなって欲しいのかを理解させる必要があります。私は採用のプロではありませんので、それをどのタイミングで、どのような演出を付加して話すべきかはわかりませんが、いずれにせよ、どこかでしっかり説明しなければならないということです。採用担当者の方はそれを念頭に置いて採用のフローを作成してほしいと思います。

 

【2/21 無料Webセミナー】

〈出版社幻冬舎グループのコンテンツ企画・制作方法を大公開
MAを活用したコンテンツマーケティングを徹底解説

株式会社識学 西日本営業部 部長/上席コンサルタント

中央大学商学部を卒業後、大学受験予備校の営業として5年ほど従事。その後、大学受験塾を10年ほど経営したのち、識学に入社し、8か月で課長に就任。2019年7月からは名古屋支店の支店長として従事した後、現在では西日本営業部にて部長を務める。

著者紹介

連載マネジメント課題解決のスペシャリスト「株式会社識学」が解説!仕組みで回る組織づくりのノウハウ

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ