出戻りの娘と孫を受け入れた64歳・父親…終の棲家は「買い替え」か「リフォーム」か (※写真はイメージです/PIXTA)

定年を控えて老後の生活について考える人のなかには、「終の棲家をどうするか」迷っている人も少なくありません。ライフステージの変化に伴って利便性が低下した我が家、「買い替え」か「大規模なリフォーム」か……いずれにしても大きな出費であることに変わりはなく、不安要素は尽きません。そこで、マンショントレンド評論家として数々のメディアで発信を行う日下部理絵氏が、事例をもとにリフォームで注意すべきポイントを解説します。

突如、長女が孫と「出戻り」してきた

【事例:買い替えよりもフルリノベーションを選択】
・物件概要…3LDK 74.08m2/14階建て14階/築33年62戸/最寄り駅 徒歩5分
・資金概要…住宅ローン返済中、わずかに残債あり
・家族構成…夫64歳、妻62歳、子供1人(長女34歳)、孫1人(2歳)同居

 

物件価格の高騰で、新築マンションへの買い替えがためらわれる昨今。住んでいる物件をフルリノベーションして、いまの家族構成にあった間取りへ変更するのも手だ。

 

ただ、認められる工法や受けられる控除など、物件の現況や管理組合によって変わってくるため注意したい。

 

都内のマンションに住む糸井正さん(仮名)は、まもなく定年を迎える。

 

再雇用の話もあったが、新卒から同じ会社でずっと働き詰めだったこともあり、一旦ゆっくりと過ごしたいと思い区切りをつけることにした。定年後は、ずっと積ん読になっていた読書やプラモデルなどの趣味を楽しみたいと思っている。

 

長女が離婚…孫とともに4人で暮らすことに

そんな矢先のこと、長女の真由美さんが離婚し、孫の結愛(ゆあ)ちゃんとともに実家に戻ってくることになりそう、と妻の洋子さんから聞いた。

 

なかなか会えない孫に毎日会えるのは嬉しい一方で、定年後の正さんの趣味や自由な時間はどうなるのかと頭をよぎったが、1人娘の一大事にそんなことも言っていられない。「一時的でも実家に身を寄せなさい」とすぐに連絡をした。

 

まもなくして真由美さんと結愛ちゃんは、真由美さんが子供の頃に使っていた洋室で一緒に暮らすことになった。一緒に暮らし始めると、洋子さんと2人暮らしの時とは違いとても賑やかだ。洋子さんも楽しそうである。

 

【※2月14日 開催セミナー】
「低リスク」&「安定収益」を実現
これまでのフランチャイズ投資とは違う!
完全業務委託型「幼児教室FC投資」徹底解説

あなたにオススメのセミナー

    マンショントレンド評論家/住宅ジャーナリスト/オフィス・日下部
     オフィス・日下部 代表

    第1回マンション管理士・管理業務主任者試験に合格。

    管理会社勤務を経て、「オフィス・ 日下部」を設立。管理組合の相談や顧問業務、数多くの調査から既存マンションの実態に精通する。また穴場の街ランキングや新築マンション情報などのマンショントレンドでも見識が深い。さらにマンション管理員を中心とした10,000人以上のシニアを再就職へ導くなど、高齢者の住まいと働き方にも豊富な知識を持つ。
    ヤフーニュースへの住宅記事掲載は300回以上。テレビ・ラジオなどのメディア、講演会・セミナーでも活躍中。最近ではテレビ朝日系列、松本潤主演ドラマ「となりのチカラ」のマンション分野の監修を務める。
    著書に『マイホームは価値ある中古マンションを買いなさい!』(ダイヤモンド社)、『60歳からのマンション学』(講談社+α新書)、『「負動産」マンションを「富動産」に変えるプロ技』(小学館)、『すみません、2DKってなんですか?』(サンマーク出版)ほか多数。

    著者紹介

    連載マンション管理士が解説!60歳から考えるマンションの「リノベーション」

    ※本連載は日下部理絵氏の著書『60歳からのマンション学』(講談社+α新書)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    60歳からのマンション学

    60歳からのマンション学

    日下部 理絵

    講談社

    私たちは、本当にマンションを終の棲家にできるのか? 2030年、分譲マンション約780万戸のうち、築30年以上が過半数を超える。現在、安全・安心・快適なマンションへの永住指向が強まる一方、自らの老いとマンション老朽化…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ