相続対策のスタートとなる「財産の棚卸し」とは?

前回は、遺言書がなくともスムーズに不動産相続ができた実例を見てきました。今回は、相続対策のスタートとなる「財産の棚卸し」について説明します。

相続がこじれる原因になりやすい不動産

地主であれば、いくつもの土地を所有していることが多いと思います。場所はどこか、市場価格はどのくらいか、固定資産税はいくらか、利益率はどの程度か、このくらいのことであれば、皆さんも把握しているかもしれません。

 

それでは、相続税評価額はいくらか、売却ができるよう土地の境界などが整備されているか、借地人は買い取る気はあるのか、などはいかがでしょうか。

 

これまでの記事で述べた通り、不動産は「分割しにくい」「相続税が思った以上に高くなることがある」などの理由があるために、何らかの対策を講じておく必要があります。

 

しかし、自身の持つ不動産のことをよく知らなければ、対策が必要かどうかもわからない状態にいることになるのです。

 

つまり、相続人に財産を引き継ぐ前に、こじれる火種を抱えていないかどうか、一度見直しておく必要があるということです。いわゆる財産の棚卸しをしておくのです。自身の不動産について詳細を把握しておけば、少なからず相続対策へと意識が傾くはずです。

起こり得る問題をできる限り「予測」して対策を講じる

例えば、「市場価値は低いのに相続税評価額が高い土地」であれば、もしそれが事前の調査によってあらかじめわかっていたら、「相続人のためにも、どうにかしておかなければならない」という気持ちになるはずです。

 

「収益性の低い不動産」であることがわかっていれば、その不動産を見限ることが相続財産の流出を防ぎ、より多くの財産を相続人に残すことにつながることがわかるはずです。

 

また、不動産が自宅だけで、自宅を相続しない相続人に、相続させる現預金もない状態だとすれば、相続時に「不動産の共有状態」になってしまうことを防ぐために、あらかじめ相続する財産がないことを伝え、相続人を説得しておかなければいけませんし、売却して現金に換え分割するとしても、売却したことで相続人が居住地に困らないようにするなどの準備が必要であることがわかってきます。

 

自身の不動産のことを知っていれば、相続時にどのような問題が起きそうかということが大まかに見えてくるのです。

 

しかし、いまだに相続時にはいろいろなところで問題が発生している事実を見聞きすると、この財産の棚卸しがまだまだ不十分であり、その必要性と重要性が資産家の人たちに浸透していないということを実感します。

倉持会計事務所 所長

公認会計士・税理士。
東京生まれ。昭和46年慶応義塾大学経済学部卒業後、大手監査法人勤務。昭和57年倉持会計事務所開業。個人の資産家から一般企業まで幅広く税務・会計コンサルティングを行っている。特に相続対策・事業承継・財産形成については以前にも書籍を執筆するなど豊富な専門的知識と経験を生かしセミナーや相談会も積極的に行っている。相続のプロとして中立的な立場で「無理な節税」より「資産を守る」ことを重視するアドバイスで定評がある。

著者紹介

連載相続対策で「ワケあり不動産」が生まれる理由

本連載は、2013年12月2日刊行の書籍『ワケあり不動産の相続対策』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

ワケあり不動産の相続対策

ワケあり不動産の相続対策

倉持 公一郎

幻冬舎メディアコンサルティング

ワケあり不動産を持っていると相続は必ずこじれる。 相続はその人が築いてきた財産を引き継ぐ手続きであり、その人の一生を精算する機会でもあります。 にもかかわらず、相続人同士が財産を奪い合うといったこじれた相続は後…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧