「貧乏な若者とお金持ちの老人。どっちになりたい?」子どもに教えるべき、お金と時間の価値  (※写真はイメージです/PIXTA)

お金に困らないためには、お金を「上手に稼ぐ」・「減らさない工夫をする」・「賢く貯める」という3つの柱が重要であると、企業経営コンサルティングを行う、(株)プレジデンツビジョンの代表取締役・石原尚幸氏は指摘します。3つの柱を実践するうえで身につけるべき考え方、方法について著書『父が子に伝える 13歳からのお金に一生困らないたった3つの考え方』から、親と子どもの対話形式で、分かりやすく解説します。

モノの価値は“絶対的”ではなく“相対的”

ここにペットボトルの水がある。近所のコンビニで買えば100円で買えるよね。

 

この水を父さんが君に1万円で売るよといったらどうする?

 

「絶対、買わない」

 

だよね(笑)。では、もし君が、水が手に入らない砂漠の中で、三日三晩、飲まず食わずの状態だったとしたらどうだろう?

 

「ぜひ売ってほしい…」

 

そうなるよね(笑)。

 

父さんがもし同じ状態だったら、10万円出してでも買うかもしれない。

 

ようするに、モノについている値段は絶対的なものではなく、相対的なもの、つまり、その人が置かれた環境や価値観によって変わるものなんだ。

無駄な買い物をしないために有用な“2つの軸”

だから、単純にモノについている「値札」だけを見て、安いから買う、高いから買わないという判断はあまり意味がない。

 

値段はそのモノの価値、それも他人の価値観ではなく、君の価値観と合っているかどうかが一番大切だ。そのモノに価値があると思えば買えばいいし、価値がないと思えば買わないほうがいい。

 

「値段」ではなく「価値」で買い物ができるようになると、意味のないモノは買わなくなるし、買ってしまってから「いらなかったな…」なんてことはなくなる。

また、値段の高い安いは「時間軸」をもって考える必要もある。

 

たとえば、ここに、同じデザインの洋服が2つある。

 

1つは1万円、もう1つは2万円。

 

さて君ならどっちの洋服を買う?

 

「そんなの同じデザインなら安いほうがいいに決まっている。1万円の洋服を買う」

 

そうだよね。だけど、もう少し条件がある。

 

1万円の洋服は、安いけど1年しかもたない。一方、2万円の洋服は、3年は着ることができる。

 

さて、君ならどちらを選ぶだろう。

 

「えーっと…、2万円のほうかな」

 

そうだよね。1年着ただけでボロボロになってしまう服は、また来年も同じような服を買わないといけない。

 

一方で、値段は倍でも3年は持つ洋服であれば、毎年買う必要はない。単純に値段だけ比較すれば、安いほうを買えばいいけれど、1年当たりで計算すれば値段が倍でも3年持つ洋服のほうがいいよね。

あなたにオススメのセミナー

    株式会社プレジデンツビジョン 代表取締役 

    1973年、愛知県名古屋市生まれ。
    コーヒー卸商「石原珈琲商会」の三男として育つ。幼少の頃から父の配達についていき、「明日の売上がなかったら、お前の目の前のごはんは食べられないんだぞ」と言葉をかけられていたのが、商売の原点。上智大学経済学部経営学科卒業後、大手石油元売に入社。日本一ガソリン代が安い激戦区に担当営業として赴任。赤字となってしまった大手特約店にて、2年間で3億円のV字回復を実現したことが評価され、31歳で社長賞を受賞。34歳で独立起業後は、現場で培った経営ノウハウにファイナンシャルプランナー資格(1級FP技能士)、MBA修得で得た知見も併せ、成果にコミットするV字回復メソッドを体系化。「売上に偶然はあるが、利益に偶然はない」という理念のもと、社外にいるものの、社長の傍らに寄り添う「社外参謀」としてクライアントのビジョン実現へ邁進している。直近では「父が子に伝える13歳からのお金に一生困らないたった3つの考え方」を上梓し、お金と賢く付き合うやり方と考え方をわかりやすく伝える活動も行っている。

    【公式サイト】
    株式会社プレジデンツビジョン:https://presidents-vision.com/
    ジャパンコンサルティングファーム株式会社:http://www.japan-cf.com/

    【資格等】
    ・1級FP技能士
    ・ビジネス・ブレークスルー大学大学院MBA(経営管理修士・専門職)

    【主催する団体】
    ・ジャパンコンサルティングファーム(株) 代表取締役会長
    ・五つ星★メンバーシップ 主宰

    【著書】
    『社長!お金は「ここだけ」押さえれば会社は潰れない〜2枚のシートで利益とキャッシュを確実に残す!(ダイヤモンド社)』
    『父が子に伝える13歳からのお金に一生困らないたった3つの考え方(三笠書房)』

    著者紹介

    連載子どもに伝えたい!お金に一生困らない3つの考え方

    ※本連載は石原尚幸氏の著書『父が子に伝える 13歳からのお金に一生困らないたった3つの考え方』(三笠書房)より一部を抜粋・再編集したものです

    父が子に伝える 13歳からのお金に一生困らないたった3つの考え方

    父が子に伝える 13歳からのお金に一生困らないたった3つの考え方

    石原 尚幸

    三笠書房

    子どもに、これだけは教えたいこと、 これだけ教えればいいこと―― 【序章】まずは「お金に好かれる人」になろう 【1章】「お金を稼ぐ」にはどうする? ――世の中の「お困りごと」を見つければいい 【2章】「お金を減…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ