(画像はイメージです/PIXTA)

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

ハンセン指数18,930.38 pt (+0.44%)
中国本土株指数6,508.99 pt (+0.59%)
レッドチップ指数3,687.18 pt (+0.91%)
売買代金818億5百万HK$(前日937億7万HK$)

中国では行動規制も緩和され、今後の感染縮小に期待

13日に発表された米国消費者物価指数(8月)が予想を上回り、インフレ高進状態が継続していること、米FRBの金融引締めが続くこと、金利上昇に伴う景気悪化が懸念されることから、大幅安を記録した米国株式市場だったが、14日は小幅に上昇、過剰ともいえる反応からは、ひとまず冷静さを取り戻した。

 

また、中国での感染状況の改善期待も強まった。四川省の成都市は、市内の一部で行動制限の緩和を開始すると発表した。同市は9月1日から約2週間に及び行動制限が実施されていた。

 

中国有数のリゾートである海南省の三亜市でも、40日間に及んだ行動規制を緩和した。新規感染者はピークから減少をたどっており、足元では4日連続で計1,000人を下回るなど正常の兆しをみせ始めた。
 

(中国の新規感染者数)

香港市場は不動産株と銀行株が堅調。3日ぶりに反発

15日の香港市場はハンセン指数が前日比0.44%高と3日ぶりの反発とした。前日、同指数は終値ベースで約半年ぶりの安値を記録しており、先行きが不安視されたが買い戻し優勢となった。

 

セクターでは不動産と銀行株が堅調。不動産株で構成されるハンセン本土不動産指数は前日比4.19%高と相場を牽引した。

 

中国当局は不動産市場の安定化に向け地方政府に住宅支援策を打ち出すよう呼びかけた。広州市では不動産開発業者に対し、住宅販売価格を最大20%値下げすることを許可し、従来の6%の制限を緩めるなどの購入支援策を発表した。

 

この影響で、不動産開発の碧桂園(2007)は8.7%高、不動産管理サービスの碧桂園服務(6098)は5.5%高、政府系デベロッパーの華潤置地(1109)は4.8%高、龍湖集団(0960)は4.7%高と前日からの上げが目立った。

 

銀行株指数は前日比0.82%高と指数をアウトパフォーム。中国国有大手商業銀行5行は今月15日から個人向け預金金利を引き下げる方針を発表した。

 

普通預金と定期預金双方の金利が調整され、減速する経済の下支えに向けた貸出金利引き下げに圧迫されていた利ざやが改善する可能性があることが材料視された。中国人民銀行は先月、銀行貸出金利の指標となるローンプライムレートを引き下げていた。

次ページ止まらない人民元安に市場は警戒ムード

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ