肝は「戸建て」。家賃収入5,000万円資産家が指摘する「不動産投資は組み合わせが9割」なワケ (※写真はイメージです/PIXTA)

不動産投資によって安定した資産形成を行うにはどうすればよいのでしょうか。リスク低減と損失のリカバーを両立した新しい投資方法「トライアングル不動産投資」について、その考案者である木村洸士氏の著書『不動産投資は組み合わせが9割: 家賃収入1000万円を最速で叶える トライアングル不動産投資術』から一部抜粋し、理論や具体的な方法を詳しく解説します。

求められるのは、より“戦略的”な不動産投資

社会情勢の変化による収入の安定化と、老後資産の不足による金融資産構築の必要性という、2つの大きな問題がある中で、私たちは適切な行動をとることが求められています。

 

これまでのような働き方をそのまま継続していては、訪れる未来に対処できません。

 

そこで検討すべきなのが、会社からもらう給料以外の収入を確保する方法です。ただ前述したように、安易な副業や、株や債権などの資産運用では、老後資金を確実に捻出するのは難しいのが実情です。より堅実な方法を模索する必要があります。

 

そうした事情を踏まえ、本書でオススメしているのは不動産投資です。しかも、それは「はじめに」でも触れているように、これまで行われてきた一般的な不動産投資ではありません。あくまでも、より戦略的に組み立てられた不動産投資のことです。

 

この場合の〝戦略的〞とは、中長期的なプランニングを考慮した上で「戸建て」「新築アパート」「中古アパート」を組み合わせた不動産投資を実現することを意味します。そのため、「トライアングル不動産投資」と表現しています。

 

大きな理論自体は、従来の不動産投資と変わりません。不動産を購入して、収入と資産の安定化を図るのが目的です。一方で、これまでとの大きな違いは、従来の不動産投資が抱えてきた問題を解決している点にあります。

 

私自身、12年以上にわたって不動産投資を実施してきました。その過程で、学びと実践を繰り返しながら、試行錯誤をしつつ、より望ましいかたちの不動産投資を模索してきました。

 

経験者や関係者が主宰する塾やセミナーなどにも通ったのですが、そこでも、参加した方から「不動産投資で成功するのは難しい!」という声がよく聞かれました。その理由は、「どこでつまずくのかを理解した上ではじめていない」ことにあると思います。

 

老後資産を形成するために始めた不動産投資も、目先の1物件を購入することがゴールになってしまうと、本来の目的、たとえばあなたが年1,000万円の利益や、1億円以上の実資産を得て、収入の安定化の実現や老後資産の安定を図ることを達成するのが困難になります。やはり、あらかじめ考えておくべきなのは、「どんな不動産を買うか」「目標達成に向けてどう買い進めていくか」ということです。

あなたにオススメのセミナー

    さくらいふ株式会社 代表取締役

    1981年、千葉県千葉市生まれ。千葉大学工学部卒業。賃貸経営歴12年。アパート・戸建て合計で24棟経験。家賃収入年5000万円、利益年2000万円を実現。賃貸経営講師業、障がい者グループホーム経営など、3事業4社を経営。賃貸経営実務検定(現・不動産実務検定)2級、日商簿記検定2級、ファイナンシャル・プランニング検定3級の資格を取得。

    著者紹介

    連載初心者必見!年収1,000万円を実現する「トライアングル不動産投資」とは

    ※本連載は、2022年7月20日発売の木村洸士氏著書『不動産投資は組み合わせが9割: 家賃収入1000万円を最速で叶える トライアングル不動産投資術』から一部を抜粋し、再編集したものです。

    不動産投資は組み合わせが9割:家賃収入1000万円を最速で叶える トライアングル不動産投資術

    不動産投資は組み合わせが9割:家賃収入1000万円を最速で叶える トライアングル不動産投資術

    木村 洸士

    合同出版

    家賃収入5000万円の脱サラ大家が指南する 戦略的に資産を積み上げる最強メソッド \100万円からスタート/ \目指せ 資産1億円! / ★巻頭ページで体験者の実例をカラーで紹介★ 不動産投資を始めたものの、こんな伸び…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ