世界的インフレで金利は上昇、株式は下落…景気後退局面で「失敗しない投資」の考え方 (※写真はイメージです/PIXTA)

世界的に深刻なインフレーションが進んでいる現在。景気の後退局面で「投資」をするにあたって、頭に留めておきたい基本的な考え方をみていきましょう。

景気後退局面では「何に投資をすればよいのか」?

本記事では「景気後退局面での投資の考え方」について解説します。

 

世界的なインフレーションが進むなか、中央政府は軒並みインフレーション抑制のため政策金利を利上げする考えを発表しています。

 

金利が上昇した場合、株式やETFなどは下落すると見込まれています。

 

一方でアメリカのグロース株を中心とした主要企業の決算は好調で一時的に株価は上昇しています。金利上昇による株価下落観測と主要企業の好調な決算による株価上昇観測にギャップが生まれており、アメリカの投資家や金融機関の意見も真二つに分かれている状況です。

 

このような混とんとした株式市場で「何に投資をして資産形成をすればいいかわからない」という方は多くいらっしゃるでしょう。今回は混とんとした投資環境で「何に投資をすればよいのか」を解説していきます。

「グロース株投資」と「バリュー株投資」はどう違う?

株式投資は大きく「グロース株投資」と「バリュー株投資」の二つに分けられます。

 

グロース株とは、GAFAMが含まれるハイテク株を中心とした株式のことをいいます。いままでは好景気だったため、グロース株がアメリカの株式市場を牽引してきました。しかし金利上昇により、グロース株の成長が鈍化すると考えられるようになったことで、バリュー株に注目が集まっています。

 

バンクオブアメリカはあらたに「FAANG2.0」というIndexを提唱しています。

 

「燃料、航空・宇宙、農業、再生可能エネルギー、貴金属」の業種の頭文字をとった造語です。どれも真新しい技術や事業ではなく、すでに成熟した市場である業種であるため、すべてがバリュー株ということになります。グロース株の株価が急騰している間、バリュー株は安値で放置されてきたことから、これからを見据えてバリュー株への投資が注目を集めているのです。

 

現在「FAANG2.0」で構成されたETFはないため、「FAANG2.0」に投資をしたいのであれば、それぞれの業種の企業で構成されたそれぞれのETFに投資する他はありません。

あなたにオススメのセミナー

    クレディ・テック株式会社 代表取締役

    海外不動産投資における圧倒的な口コミ評価・相談リピート件数を誇る第一人者。不動産取引における「騙し」を無くすために、公平・透明なアドバイスを行う。

    外資系金融機関にて年間100社の財務コンサルティング経験、法人の税務・会計知識を習得。その後、不動産コンサルティング会社にて先進国不動産事業を立ち上げ、総額$150MMの売買取引に携わる。

    上場企業との米国不動産プロジェクト推進、不動産会社の米国進出コンサルティング、英国での法人設立など豊富な知見を持ち、自身でも複数国に不動産を有する。

    海外不動産投資を動画でわかりやすく発信するメディア『海外不動産のホントのトコロ』(https://credi-tech.co.jp/article/)

    YouTubeチャンネル『海外不動産のホントのトコロ』 (https://www.youtube.com/channel/UCDq3bojqCvTnRXKu7Aur_Kg)

    著者紹介

    連載投資のプロが解説!資産形成のホントのトコロ

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ