ビットコインが金(きん)のデジタル版「デジタルゴールド」と呼ばれる理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

アメリカの18~29歳の男性の43%が暗号資産を利用したことがある、という調査結果が出ています。暗号資産に関して何かしら耳にしたことがあるという人は、アメリカの成人男性の8割を超えています。今まさに、1980~1990年代におとずれたインターネット黎明期のように、暗号資産とそれを下支えするブロックチェーンが黎明期を迎えています。Google Japanなどを経て、現在はプロ野球のパ・リーグをデジタル技術等で支援するパシフィックリーグマーケティング株式会社のテクノロジーアドバイザーを務める山本康正氏と、バークレイズ・キャピタル証券、Google Japanなどを経て、データサイエンティストとして活躍するジェリー・チー氏が、ソクラテス式対話のように問いと答えを繰り返しながら現代経済への認識を深めていく著書『お金の未来』(講談社現代新書)で解説しています。

ビットコインが資産の保存に適してると言える理由

山本 お金の三つ目の役割の「価値の保存手段」についてもお話ししていきましょう。価値の保存手段とは、当たり前のことのようですが、お金の価値はそうそう変わらないので銀行に預けたり金庫にしまったりして貯めておける手段であるというわけですね。

 

ジェリー 暗号資産がビットコインしかなかった時代には、ビットコインは「交換・取引手段」としての役割が主でした。

 

しかし、手数料が上がったり交換により適している暗号資産が登場したりしたことで、今ではビットコインは「価値の保存手段」としてしか考えられないという人が多いのです。 

 

そのため、ビットコインを金(きん)のデジタル版、「デジタルゴールド」として説明することがよくあります。

 

実は現在の世界において、いい「価値の保存手段」があまりないんです。日本円でも米ドルでもユーロでも銀行口座に預金して保存するのが普通ですよね。利息がゼロに極めて近いですし、最近はインフレーションが進んでいますし、自分が円やドルを持つだけでは自分の資産の価値が減っていくだけです。

 

フィアット通貨(法定通貨)以外では、金や銀、石油などもありますが、金は物理的に重くて盗難のリスクもあって管理もしづらい。

 

金の上場投資信託(ETF)のようなものもありますが、手数料や管理コスト(そして先物型の上場投資信託の場合は先物の買い替えコスト)が発生してしまいます。

 

こういう状況の中で、ビットコインという手段はどうですか、ということです。今はボラティリティが高く不安定な部分もあるのですが、だんだんと安定していくはずです。

 

山本 たしかに、ビットコインなどの暗号資産について、不安定なイメージを持っている人も多いかもしれません。ただ、実際に安定してきていて、これからも安定していくと見られていますね。

 

ジェリー その理由の一つには「リンディ効果」が挙げられます。長く存在したり使われたりしているものは、評判や信頼性が上がり、引き続き長く存続しやすいという効果のことです。例えば、「100年の歴史を持つ会社は去年できた会社よりは信頼できる」ことが言えるように、ビットコインは13年間ほど存続しているので明日すぐになくなることはない、ということです。

 

加えて、実際にビットコインのブロックチェーン自体へのハッキングが成功したことが一度もないというのも信頼性を上げている要因かと思います。

 

そして、ビットコインの時価総額が上がれば上がるほど、流動性も良くなり、大きい取引でも価格が左右されにくくなります。

低リスクで利回りが高いステーブルコイン

また、安定性を求めるなら、ステーブルコイン(安定した価格を実現するように設計された暗号資産、例えば米ドル連動の暗号資産)もあります。米ドルや日本円よりステーブルコインのほうが利回りが高く(5~20%)、インフレを上回る利回りをほぼリスクなしにもらえるので、その点も法定通貨より魅力的でしょう。

 

今は頑張って日本円や米ドルの定期預金を探しても利回りがゼロに近いので、どうしてもインフレに負けてしまうような状況です。

あなたにオススメのセミナー

    パシフィックリーグマーケティング株式会社 テクノロジーアドバイザー

    1981年、大阪府生まれ。東京大学大学院で修士号取得後、三菱東京UFJ 銀行(現・三菱UFJ 銀行)米州本部に就職。 その後、ハーバード大学大学院で理学修士号を取得。卒業後にグーグル株式会社(Google Japan)に入社。大企業の幹部に対し、テクノロジーを活用したビジネスモデル変革等のデジタルトランスフォーメーションを支援する。現在はベンチャー投資家として活躍。日本企業やコーポレートベンチャーキャピタルへの助言なども行う。京都大学経営管理大学院客員教授。プロ野球のパ・リーグをデジタル技術等で支援するパシフィックリーグマーケティング株式会社にて、テクノロジーアドバイザー。著書に『次のテクノロジーで世界はどう変わるのか』(講談社現代新書)、『2025年を制覇する破壊的企業』(SB新書)など多数。

    著者紹介

    データサイエンティスト

    シリコンバレー育ちの台湾系アメリカ人。1984年、アメリカ生まれ。米スタンフォード大学工学部経営工学科卒業。在学中に日本留学を経験し、日本に魅了される。卒業後は、バークレイズ・キャピタル証券(現・バークレイズ証券)に就職し、東京勤務。その後、中国・北京にて証券自己勘定取引会社を設立・経営。会社売却後、米ペンシルバニア大学ウォートン・スクールにてMBAを取得。グーグル合同会社(Google Japan)、スーパーセル(東京支社で勤務したのち、本社ヘルシンキで勤務)、スマートニュースなどで勤務(主に機械学習やデータ分析)。東京を拠点に、キャリアを形成中。

    著者紹介

    連載激変するお金の世界。これまでの常識を覆す、新しい金融の潮流について専門家2人が対談形式で分かりやすく解説!

    本連載は、山本康正氏、ジェリー・チー氏の共著『お金の未来』(講談社現代新書)から一部を抜粋し、再構成したものです。

    お金の未来

    お金の未来

    山本 康正 ジェリー・チー

    講談社

    いまお金とは何か? 暮らしや国家、銀行は一体どう変わるのか? 激変するお金と新しい世界――ビットコイン、ブロックチェーン、NFT、Web3…お金とテクノロジーのプロが語り尽くす〈一番わかりやすいお金の入門書〉 「…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ