大幅下落の米国株…今後の流れは?【マクロストラテジストが予想】 (※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、フィデリティ投信株式会社が提供するマーケット情報『マーケットを語らず』から転載したものです。※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

米国株大幅下落…株価底打ちは年初か

ジャクソンホール会合を受け、米国の株式市場は、ナスダック市場を中心に大幅下落しました。

 

筆者は前回、「景気後退が来るまでの局面で必ず起きる(といってよい)ベア・マーケット・ラリーは、結局ダマシであり、短期筋が仕掛けてそれに乗った人が損をするだけに終わるもの」と述べました。

 

今後については、月並みで恐縮ですが、①しばらく、金利に戻りが出て、株式市場の調整が続く可能性をみています。このとおりなら、米国成長株式がアンダーパフォームします。また、②株価底打ちのタイミングについては、以前に「過去の平均値に従えば、株価の底打ちは、来年前半あたりと試算される」とお伝えしましたが、やはりその頃と考えています。

 

合わせて、今後は

 

「①引き締め再織り込み相場」
→「②景気後退」
→「③景気回復・拡大(インフレの時代)」

 

といったふうに、テーマと局面が変遷していくのではないかと考えています。

 

この流れが正しいならば、リスク資産のなかでは、

 

「①米国成長株式がアンダーパフォーム」
→「②米国ハイ・イールド債券がアウトパフォーム」
→「③先進国割安株式や日本株式がアウトパフォーム」

 

と言い換えられます。

物価安定回復のために…パウエル議長が示した指針

パウエル議長はジャクソンホールで「とても大事なこと」を発言

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、ジャクソンホールで、極めて重要なことを述べました。順番に書き出すと

 

・インフレを低下させるためには、トレンドよりも低い成長がしばらくのあいだ(a sustained period)、続くことが必要である

 

・現在よりも高い金利、低い成長、そして、ソフトな労働市場は(中略)家計と企業に幾分の痛み(some pain)をもたらす。それらは、インフレを低下させるための不幸なコスト(unfortunate cost)である

 

・労働市場は特に強く、明らかに需給のバランスが取れていない(clearly out of balance)

 

・物価の安定を回復するためには、しばらくのあいだ(for some time)、引き締め的な政策スタンスを維持する必要がある

 

・仕事を完成させるまで忍耐強く続ける(keep at it)必要がある→講演の最後に同様の表現を再び述べて強調

 

・我々の目的は、いま決意を持って行動する(acting with resolve now)ことによって、過去と同じ結末(=1960年代中盤から1980年代前半にかけての、インフレを抑えるのに失敗し続けた15年と、その後の非常に引き締め的な金融政策)を避けることである

 

要約すれば、今後は、「①利上げの『打ち止め水準』が引き上げられ、②その打ち止め水準での『金利据え置き』が長く続くことを、織り込ませていきますよ*」ということです。

 

[図表1]FRBの政策金利およびその見通し
[図表1]FRBの政策金利およびその見通し

 

素直に読み取れば、「米国成長株式が軟調になる局面」が見込まれます。

 

* 筆者の試算では、政策金利が3%まで引き上げられると、FRBのバランスシートには『逆ザヤ』が生じますので、FRBは、素早い利上げと景気後退への早期転換を望んでいる可能性があります。

 

資産を「守る」「増やす」「次世代に引き継ぐ」
ために必要な「学び」をご提供 >>カメハメハ倶楽部

あなたにオススメのセミナー

    フィデリティ投信株式会社
    マクロストラテジスト

    大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了後、農林中央金庫にて、外国証券・外国為替・デリバティブ等の会計・決済業務および外国債券・デリバティブ等の投資・運用業務に従事。

    その後、野村アセットマネジメントの東京・シンガポール両拠点において、グローバル債券の運用およびプロダクトマネジメントに従事。

    アール・ビー・エス証券にて外国債券ストラテジストを務めた後、2013年にJ.P.モルガン・アセット・マネジメントに入社、2019年同社マネージング・ディレクターに就任。ストラテジストとして、個人投資家や販売会社、機関投資家向けに経済や金融市場の情報提供を担う。2020年8月、フィデリティ投信入社。

    フィデリティ投信ではマーケット情報の収集に役立つたくさんの情報を提供しています。詳しくはコチラ

    著者紹介

    連載フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」

    【ご注意】
    •当資料は、情報提供を目的としたものであり、ファンドの推奨(有価証券の勧誘)を目的としたものではありません。
    •当資料は、信頼できる情報をもとにフィデリティ投信が作成しておりますが、その正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。
    •当資料に記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。また、いずれも将来の傾向、数値、運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。
    •当資料にかかわる一切の権利は引用部分を除き作成者に属し、いかなる目的であれ当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ