サイコロの例でわかる投資は「長期」「分散」が有利な納得理由

資産運用において、長期投資と分散投資は、値動きのばらつきを抑え、積立投資は、買値のばらつきを抑えることができます。ばらつきを抑えることで、変動リスクを抑えられますが、「変動リスクを抑える」と、どんな効果があるのでしょうか? 株式会社sustenキャピタル・マネジメントCEOの岡野大氏と、同社CIOの山口雅史氏が具体的な数字をあてはめて、わかりやすく解説します。

変動リスクを抑えることの効果

平均的なリターンをとりやすくする

長期投資や分散投資によって変動リスク=ばらつきを抑えることができても、期待リターン自体は変わりません。サイコロの数をどんなに増やして、どんなに回数を振っても期待リターンは3.5のままです。

 

ただし変動リスクを抑えると結果がまとまりやすくなります。

 

現代ポートフォリオ理論では、変動リスクは標準偏差で測ります。標準偏差自体はデータのばらつき具合を示す数値です。データのばらつきが大きければ、標準偏差も大きくなり、逆にばらつきが小さければ標準偏差は0に近づきます。

 

[図表1]サイコロ1個を振った場合と、3個降った場合の出目のばらつきの違い

 

ここでも、サイコロの例で解説します。図表1の左側は1個のサイコロを振ったときの出目の平均、右側は3個のサイコロを振ったときの出目の平均です。

 

期待値はどちらも3.5で変わりませんが、出目のばらつきは明らかに減っていることが分かります。サイコロの目の組み合わせを考えると、平均では1や6より3や4になることのほうが多くなるからです。

 

標準偏差で見るとサイコロ1個のときは1.7ですが、3個になると1.0まで減っています。グラフにするとより分かりやすくなります。サイコロ3個の場合は、真ん中が大きくふくらんでいます。つまり、平均的なリターンが期待できる可能性が高くなります。

 

投資の場合で考えると変動リスクを抑えることで、大勝ちや大負けをしないで平均的なリターンが取れる確率が高くなるということです。

 

【10月15日(土)開催セミナー】
1棟アパート投資〈相続市場〉を狙って「利回り20%」「売却益2千万」を獲得!

(年収500万からOK、全国対応OK)

あなたにオススメのセミナー

    株式会社sustenキャピタル・マネジメント 代表取締役 最高経営責任者 CEO

    2012年ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント入社。戦略株式運用部(ヘッジファンドチーム)にて数百億円規模の株式、デリバティブ、為替等の投資判断を行った。ポートフォリオ・マネージャーとして海外の機関投資家のために運用を行ってきた一方で、日本の個人投資家のために品質の高いサービスを提供したいと思い続け、2019年7月株式会社sustenキャピタル・マネジメントを創業、代表取締役CEOに就任。東京大学大学院工学系研究科修了(修士)。

    著者紹介

    株式会社sustenキャピタル・マネジメント 代表取締役 最高投資責任者 CIO

    2007年ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント入社。運用投資戦略部にてポートフォリオ・マネージャーを務め、日本国内法人の資産運用に従事。2012年にGoldman Sachs(在NY)へ移籍後は、欧米事業法人、大学基金、SWF等15兆円の資産配分、タクティカル・アセット・アロケーションの計量運用責任者を歴任。2019年7月株式会社sustenキャピタル・マネジメントを創業、代表取締役CIOに就任。京都大学大学院情報学研究科修了(修士)。日本証券アナリスト協会検定会員。

    著者紹介

    連載最新の金融工学でかなえる 理想の資産運用

    ※本連載は、岡野大氏、山口雅史氏の著書『最新の金融工学でかなえる 理想の資産運用』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ