ひろゆきが暴く…「日本のデジタル化」を阻む〈戦犯〉 (※写真はイメージです/PIXTA)

先進国のなかでは経済成長率が低く、他国よりIT活用が遅れているといわれる日本。こうした現状について、日本のデジタル化を阻む要因として、巨大掲示板2ちゃんねる創始者かつ「論破王」として多様なメディアで活躍するひろゆき氏は「ある存在」を挙げます。はたしてその正体とは、また今後目指すべき「理想の日本像」とは……ひろゆき氏と元日本マイクロソフト社長の成毛眞氏が語ります。※本連載は、ひろゆき氏×成毛眞氏の著書『考えて生きる 合理性と好奇心を併せ持つ』(集英社)から一部を抜粋し、幻冬舎ゴールドオンライン編集部が本文を一部改変しております。

 <社長・院長のためのDXナビ>

DX導入に悩む、営業・マーケティング・人事・財務の責任者必見!

「学びのためのDX情報」特設ページはこちら

日本で「デジタル化が進まない」ワケ

ひろゆき(以下ひろ):目の前に便利なものがあっても、それを使おうとしない。日本は先進国の中でも一番低い経済成長率です。それはIT系の活用が遅れていることがひとつの原因といわれているじゃないですか。

 

成毛 眞(以下成毛):そうですね。そんなレベルなので、デジタルを活用するのが、遅れに遅れるのは当然。「カードだと、お金をつい使ってしまう」なんていうのは、すべてのデジタル化を阻む原因ですよ。だって、便利になってほしいとか生産性を上げてほしいという要求がないわけですからね。

 

ひろ:それって「自分は頭が悪くて、新しいことを覚える気がない」と表明しているようなもので、本来、恥ずかしいと思うべきことじゃないですか。

 

成毛:いや、恥ずかしいと思ってないかもしれませんよ。むしろ、昭和の頃のほうがそういったコンプレックスを持っていた。

 

ひろ:昔は「自分はわからないから、頭のいい人に任せよう」という感覚がありましたよね。でも、今って中途半端に頭の悪い人が、「俺がわからないのはおまえのせいだ。わかるように説明しろ」っていう流れがある。

 

成毛:それはSNSの影響が大きいかもしれませんね。論理的にものが考えられない人にも発言権が与えられたでしょ。しかも、日本語は読めても、文章の意味をきちんと理解できない人も多い。

 

ひろ:昔は、ある程度の知性がないと、メディアで発言する機会もなかったわけですからね。

 

成毛:そうやってSNSで発言し、自分はまともだと思って、自分の価値観で生きる。まあ、それはアメリカ人も同じですけどね。

 

ひろ:それでもアメリカが成長しているのは、とんでもないバカがいる一方で、一部の天才がすごいシステムを作って帳尻を合わせているからですよね。でも、日本はどっちもいないから悲惨な状況だったりします。

 

成毛:だから、日本のデジタル化が進むのはもう少し時間がかかりますね。

 

ひろ:ですね(笑)。

 

「頂上の雑談」を目撃せよ!

“元日本マイクロソフト社長”と“論破王”

人気論客ツートップによる「知的雑談の技術」を読む

あなたにオススメのセミナー

    書評サイト「HONZ」  代表

    1955年、北海道生まれ。中央大学商学部卒業後、自動車部品メーカー、アスキーなどを経て、1986年日本マイクロソフト設立と同時に参画。
    1991年、同社代表取締役社長に就任。2000年退社後、投資コンサルティング会社の株式会社インスパイア設立。
    2010年、おすすめ本を紹介する書評サイト「HONZ」を開設、代表を務める。

    著者紹介

    実業家
    インフルエンサー

    1976年生まれ。神奈川県出身。1999年にインターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設。2005年、株式会社「ニワンゴ」取締役に就任し、「ニコニコ動画」を開設。2015年、英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人に就任。

    著者紹介

    連載“元マイクロソフト日本社長”と“論破王”が語るこれからの知的な生き方

    成毛眞、ひろゆき『考えて生きる 合理性と好奇心を併せもつ』(集英社)

    成毛眞、ひろゆき『考えて生きる 合理性と好奇心を併せもつ』(集英社)

    成毛 眞 ひろゆき

    集英社

    刺激的な雑談が足りないコロナ時代に、最強の「知的雑談の技術本」をお届けします! ●SNS時代の情報収集術 ●10~20年後に残る仕事 ●メタバースやNFT、仮想通貨の今後 ●ウクライナ戦争後の世界の行方 ●“安い国”日…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ