9浪、27歳早大合格者が「志望大学を変えなかった」深い理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

受験生には「積極的進路変更」と「消極的進路変更」があります。自分の実力を出し切っていないのに志望大学が下げる「消極的進路変更」はダメだといいます。9浪して27歳で早稲田大学に合格した濱井正吾氏が『浪人回避大全 「志望校に落ちない受験生」になるためにやってはいけないこと』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

「消極的進路変更」を否定するワケ

▶「進路」消極的な進路変更をする/重要度★★★★★

進路選択の際に行きたい大学や学部を変えることは、現役・浪人に関係なくあります。

 

「幅広い教養を身につけたかったけど、教師になって還元したいから文学部から教育学部に変えます」
「医者を目指していたけど、研究職に就きたいと思ったので理学部志望に変えます」

 

こうした将来の夢の変化に対応した前向きな進路変更を、私は「積極的進路変更」と呼んでいます。たとえ偏差値は下がっても、自分の夢を追い求められる選択は尊いですからね。

 

でも次のようなケースはどうでしょう?

 

「勉強してないから志望大学に届かない。まぁどこでもいいから行ける大学に行こう」
「大学は入れればどこでもいいから難関大志望でなく適当に受かったところに行こう」

 

こうして自分の実力を出し切っていないのに志望大学を下げる人も散見されます。私はこれを「消極的進路変更」と呼んでいます。ダメです。絶対。

 

理由は3つあります。

 

1つ目、人生で壁にぶち当たったときに支えになる経験がないから
2つ目、就職活動で後悔するのが目に見えるから
3つ目、何かあるたびに人生の大事な時期に頑張りきれなかったことを後悔するから

 

1つ目は私が9浪した要因でもあります。努力を必要とされる機会に直面しても、過去に努力をしていないことから自分に自信が持てなくなり、きつい仕事や家庭状況の悪化といった苦境に直面しても頑張りきれなくなります。

 

2つ目は就活の際の縦の繋がりや、難関大が持つ研究室と企業との繋がりが使えません。時代が変わってきて学歴が問われなくなっている傾向があるとはいえども、まだ大企業が学歴で選抜する傾向は色濃く残っています。

 

かつて在籍していた2大学の同級生と、早稲田大学の同級生の内定先を聞いてみると、個人の能力云々を抜きにしてもまったく違いました。私がかつて在籍していた大学ではまったく内定者がいないような超有名企業から、早稲田の同級生はゴロゴロ内定をもらっていたのです(もちろん彼らは受験で努力をしてきた人間ばかりなので内定を取るためにも凄まじい努力をしています)。

 

3つ目は一番辛いことかもしれません。1つ目や2つ目の理由が原因で実感するかもしれませんし、生活の場面で痛感することもあります。

 

例えば、保険や年金の仕組みであったり、税金の控除であったり、遺産の分配であったり。複雑な仕組みを調べたり、理解したりするのはそれまでに得た知識や、努力習慣がとても大事です。知らず知らずのうちに無知な人が損するように、世の中のルールは頭のいい人たちが作っています。

 

だからこそ、学生時代のある時点で努力して、少しでも上の大学に行こうとする姿勢は今後の人生でも通用する力になるのです。

 

あなたにオススメのセミナー

    9浪はまい

    兵庫県出身、1990年11月11日生まれ。31歳。大阪産業大学経済学部経済学科に入学後、龍谷大学経済学部現代経済学科に編入学し、卒業。 高校時代にいじめを受けたことから、いじめっ子を社会的に偉くなって見返したいと思い、在学中から仮面浪人として受験勉強を4年間続ける。大学卒業後、証券会社に契約社員として就職したが10日で自主退職、同月中に配置薬会社に再就職。昼は会社、夜は予備校という生活を退職まで過ごす。在職時は、自分の失敗や弱さを顧客に晒して不安を共有し、同じ目線に立って長時間にわたり話を聴く営業スタイルでトップセールスマンとなり、受験費用300万円を貯める。同社退職後は2年4ヶ月間受験勉強に専念し、9浪で早稲田大学に一般受験で合格し、教育学部国語国文学科に入学。現在は同大を卒業後、株式会社カルペ・ディエムにて教育事業を担当している。
    くわえて、『バンカラジオ』(登録者41.8万人)、『トマホーク』(登録者10.9万人)といった若年層に人気のエンタメYouTubeチャンネルに出演を続けながら、他の教育系YouTuberの動画にも出演し、自身の人生体験を話している。メディア出演として、「アベマプライム」(AbemaTV)など。「AERA dot.」「プレジデント」「北日本新聞」など取材多数。Twitterフォロワー19500人(2022年2月28日現在)。

    著者紹介

    連載9浪生が語る「浪人完全回避」の法則

    本連載は濱井正吾氏の著書『浪人回避大全 「志望校に落ちない受験生」になるためにやってはいけないこと』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    浪人回避大全

    浪人回避大全

    濱井 正吾

    日本能率協会マネジメントセンター

    受験人口の減少や大学は誰でも入れる「全入時代」と言われて久しいが、それでも有名大学を中心に実質倍率3倍以上の大学が多数あるなど、多くの現役生や浪人生が厳しい戦いを強いられている現状がある。特に昨今は現役志向の増…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ