9浪、27歳早大合格者が「大学受験はゴール」だと断言する理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

「大学受験はゴールじゃない」という言葉をよく聞きます。受験を終えて数年が経過したいまでも「受験はゴール」だと確信している人がいます。9浪して27歳で早稲田大学に合格した濱井正吾氏が『浪人回避大全 「志望校に落ちない受験生」になるためにやってはいけないこと』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

妥協せずやり抜いた経験は将来にプラス

▶「受験の考え方」大学受験はゴールじゃないと思う/重要度★★★★★

「大学受験はゴールじゃない」という言葉をよく聞きませんか?
「入った後が大事」
「それから先の人生を考慮して進路を決める必要がある」

 

など、多くの教育者が学生に注意喚起をしていますが、私はいつもこの言葉を聞くと違和感を覚えずにはいられませんでした。

 

そして受験を終えて数年が経った今でも確信していることがあるのです。「大学受験はゴール」であると。特に多浪生にとっては。合格した後が大事という人は、おそらく生徒が燃え尽き症候群に陥る危険性を危惧して言っているものだと思います。

 

しかし、合格に向けて必死に取り組まなければならない受験生に不安を煽る必要はないですし、そもそも必死に勉強して難関大学に受かる人はその後の人生もうまくいくことが多い印象です。

 

私も過酷な環境から難関大を合格することに対して人生を燃やしてきた人間で、合格通知を得た時はやり遂げた、やり尽くした感覚がありました。でも、結果的に大学に入ってからも学問に加えて動画出演などにも精力的に活動でき、希望する業界に就職もできましたし、書籍の出版という長年の夢もご縁があって叶えていただきました。

 

これができたのは、「無理のハードル」が高くなったことに他なりません。

 

それまでは些細なことにも気後れしていましたが、受験という経験を積んでからは、何事に対してもまず「よし、やってみよう」と思えるようになったのです。

 

私はよく、偏差値40の高校に通い、be動詞がわからない状態から9浪して早稲田大学に入ったことを人に説明するとき、野球未経験の人間が甲子園に出場したようなものだと説明することがあります。少なくとも自分はそのように人生における偉業を成し遂げたという感覚がありました。

 

知人の甲子園経験者も、サンプル数は少ないですが人生を野球に懸けて達成した経験があるからか自信に満ち溢れていましたし、難関の試験に合格して立派な仕事に就いたり、プロジェクトリーダーを任されたりと活躍しています。やはり彼らは「無理のハードル」が高く、成功するために努力を積み重ねることが当たり前だと思っているのでしょう。

 

私にとっても同じことが言えます。大学に入ってからの人生も辛いことはありましたが、受験生活に匹敵するような辛いことなどはまったくありませんでしたし、あれを乗り越えて目標を達成できたのだからなんでもできると思えたわけです。

 

早稲田大学教育学部国語国文学科の先輩で芸人の高木晋哉さん(ジョイマン)という方がいますが、高木さんは大学に入った後、燃え尽き症候群に陥り退学しました。それでも芸人として成功できたのはやはり、大学受験で経験した苦労や、そこで培った思考力・努力する習慣がもととなっていると思うのです。

 

現役生の皆さんも、決められた期間で目標を設定し、妥協せずやり抜いた経験は、大学に入学してから、就職してからの人生を前向きに生きる上でプラスになります。

 

大学受験はゴールです。大事なことなので2回言いました。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】8/20(土)開催決定
不動産投資に踏み出せない投資初心者を支援します
3カ月の体験で経費を引いた「家賃収入」が受け取れる

新しい「不動産投資体験サービス」とは 詳しくはコチラ>>>

9浪はまい

兵庫県出身、1990年11月11日生まれ。31歳。大阪産業大学経済学部経済学科に入学後、龍谷大学経済学部現代経済学科に編入学し、卒業。 高校時代にいじめを受けたことから、いじめっ子を社会的に偉くなって見返したいと思い、在学中から仮面浪人として受験勉強を4年間続ける。大学卒業後、証券会社に契約社員として就職したが10日で自主退職、同月中に配置薬会社に再就職。昼は会社、夜は予備校という生活を退職まで過ごす。在職時は、自分の失敗や弱さを顧客に晒して不安を共有し、同じ目線に立って長時間にわたり話を聴く営業スタイルでトップセールスマンとなり、受験費用300万円を貯める。同社退職後は2年4ヶ月間受験勉強に専念し、9浪で早稲田大学に一般受験で合格し、教育学部国語国文学科に入学。現在は同大を卒業後、株式会社カルペ・ディエムにて教育事業を担当している。
くわえて、『バンカラジオ』(登録者41.8万人)、『トマホーク』(登録者10.9万人)といった若年層に人気のエンタメYouTubeチャンネルに出演を続けながら、他の教育系YouTuberの動画にも出演し、自身の人生体験を話している。メディア出演として、「アベマプライム」(AbemaTV)など。「AERA dot.」「プレジデント」「北日本新聞」など取材多数。Twitterフォロワー19500人(2022年2月28日現在)。

著者紹介

連載9浪生が語る「浪人完全回避」の法則

本連載は濱井正吾氏の著書『浪人回避大全 「志望校に落ちない受験生」になるためにやってはいけないこと』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋し、再編集したものです。

浪人回避大全

浪人回避大全

濱井 正吾

日本能率協会マネジメントセンター

受験人口の減少や大学は誰でも入れる「全入時代」と言われて久しいが、それでも有名大学を中心に実質倍率3倍以上の大学が多数あるなど、多くの現役生や浪人生が厳しい戦いを強いられている現状がある。特に昨今は現役志向の増…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ