【住宅用地】広いと買い叩かれ、狭いと価格上昇!?…重視すべき「使い勝手」という評価ポイント

住宅用地の価格や価値は、面積とイコールではありません。土地が広いと管理の手間や、高い固定資産税が敬遠され、売却しようにも買い手がつきにくいのです。物件の価値=「使い勝手のよさ」と考えると、選択基準が見えてきます。※本記事は『山王が教える1円不動産投資』(自由国民社)から抜粋・再編集したものです。

「狭くなれば土地の価値が上がる」不思議な現象

土地の価値は、基本的には「単価×土地の広さ」で計算します。

 

でも、それはあくまでも基本であり、それだけで決まるものではありません。

 

土地が広くなれば、「固定資産税が上がる」というデメリットがあります。ですから、土地が広ければその分価値が上がるというわけではなく、「使えない、ただ広いだけの土地」を持っていたところで、ただのマイナスにしかなりません。つまり、土地の価値というのは「コンパクトかどうか」ということも非常に関係があるのです。

 

家を建てるための用地であれば、60坪から100坪あれば十分でしょう。それが200〜300坪もあれば、雑草の管理も大変ですし、固定資産税も高くなるので、その時点で買う人がいなくなってしまいます。200坪の土地が100坪の2倍の価格で売れることはないので、100坪よりも200坪の土地のほうが、単価で見れば安くなるのです。

 

分譲業者さんは、相続などで300坪くらいの土地を買って、5区画くらいにして、道路をつくって販売するので、非常に高く売っています。

 

こと土地に関しては、もともとの評価額がいくらあっても、どのように販売していくのかによって決まるのです。

 

狭くなれば土地の価値が上がる例を、もうひとつお話しします。

 

60坪で1000万円の土地を、駐車場にしてもらう目的で1/10の6坪ずつ売ろうと思ったとします。単純計算では100万円ですが、現金で100万円くらいなら払える人はとても多いでしょう。すると、100万円ぐらいで買いたいという人が増えて、6坪で200万円になることもあります。土地が狭くなって、駐車場などに使えるレベルであれば、金額は逆に割高になると知っておきましょう。

 

【※12月6日(火)開催セミナー】
業界最大手!出店96店舗の安心と信頼の経営実績
全国に出店拡大!出資パートナーを大募集
新しい「インドアゴルフ事業」投資のご提案

あなたにオススメのセミナー

    投資家
    事業家

    1990年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。14歳の時に取得した「乙種第4類危険物取扱者」を手始めに、100を超える資格を高校在学中の2年間に取得。
    最年少取得記録を多数保有している。プロの雀士でもある。
    現在は不動産投資家として活動し、全国に数百の山を所有。「山王」と呼ばれている。テレビ東京『日経スペシャル ガイアの夜明け』などメディアにも多数出演。
    著書に『一生お金に困らない山投資の始め方』(クロスメディア・パブリッシング)、『平成生まれの資格王が教える光速の暗記・勉強法』(TAC出版)がある。

    著者紹介

    連載全国で急増する激安物件で稼ぐ1円不動産投資

    山王が教える1円不動産投資

    山王が教える1円不動産投資

    永野 彰一

    自由国民社

    不動産投資の本当の相場は、巷でいわれている金額よりも、ずっと安いのが現実です。 全国で急増している激安物件への投資で確実に稼ぐ方法を、山(やま)投資の若き第一人者「山王(やまおう)」が教えます。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ