会議で質問をしない…「日本人の感性」がオンラインで生きる?

新型コロナの影響により世界中の企業が急速に進めているオンライン化。今回はその代名詞ともいえる「オンライン会議」の特徴と利点、日本企業への影響について解説します。

オンライン会議の特徴と秘めたる大きな可能性

オンラインTV会議を通じて、オンライン革命ともいわれる様相が浮かび上がってきました。その特徴について詳しく見ておきたいと思います。

 

①移動時間をかけずに、打ち合わせができる

私たちの仕事には移動がつきものです。

 

まず、最も大きな時間は通勤時間です。仕事のために毎日、往復1時間から3時間を通勤時間として使っています。年間でいえば膨大な時間です。

 

また、仕事の中で大きな意味を持つ商談には、顧客の指定された場所まで行かなければなりません。近いこともあれば、何百キロ離れた場所に足を運ばなければならないこともあります。

 

また、遠い現場から、報告のために会社に戻らなければならないこともあります。いままで私たちは打ち合わせの日程を決めるのに、電話やメールというオンラインを利用してきましたが、打ち合わせそのものをオンラインで行うことはありませんでした。

 

オンラインTV会議という言葉を聞いたことがある人は多いのですが、それはIT業界の一部の人たちで、「価値観の違う人たち」が使う手段と考えていました。また大事なことを、オンラインTV会議などでできるはずもないと考えてきました。

 

ところがどうでしょう。新型コロナでオンラインTV会議を強制させられて参加したところ、リアルな会議の質をほとんど落とさずに、仕事が進むことを体験したのです。

 

オンラインTV会議を利用することで、いままでの仕事を支障なく進めることができる。この体験は、仕事に対する景色を一変させました。毎日の通勤地獄から解放され、顧客との打ち合わせのための移動が必要なくなる。

 

この発見は、極めて大きな意味を持つことになります。なぜならば、時間の短縮は、コストの削減、労働生産性の向上につながるからです。

 

②集中力が増し、会議の質が上がる

オンライン会議によって、膨大な移動時間の短縮ができるだけではありません。

 

オンライン会議を体験した多くの人が、集中できるといいます。電話で長話をする人がいますが、電話では伝えたいことの一部しか伝えることができません。

 

オンライン会議には隠れた大きな可能性があります。議論の質が深くなるのです。これは理性を妨げる、さまざまな要素が目立たなくなるからです。

 

あなたにオススメのセミナー

    日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
    掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

    著者紹介

    連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

    本記事は、2020年9月刊行の書籍『ワークスタイル・ルネッサンスがはじまる』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ