香港ハンセン指数は4日ぶりに反落。異常気象に見舞われる中国では電力不足による不安が再燃 (画像はイメージです/PIXTA)

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

ハンセン指数 21,008.34 pt (▲2.56%)
中国本土株指数 7,335.00 pt (▲2.84%)
レッドチップ指数 3,754.75 pt (▲1.23%)
売買代金1,269億4百万HK$(前日1,193億6百万HK$)

米国の金融引き締めによる買い控えで、香港市場は反落

22日の香港市場は4日ぶりに反落し、前日比2.56%安で引けた。同指数はここ数日、急ピッチで上昇したことに加え、休場明けの米国市場では金融引き締めの加速によって、景気後退(リセッション)に陥るのではという懸念から買いが手控えられた。

 

異常気象に見舞われる中国では電力逼迫や洪水、土砂災害も懸念材料として意識された模様だ。

 

香港市場はハイテク株中心に売りが先行し、ハンセンテック指数は同4.37%と大幅安となった。ヘルス関連銘柄が下落し、阿里健康(0241)と京東健康(6618)は揃って同14%近くの下落。薬品管理法の改正により、医薬品販売の規制強化が高まることが不安視された。

 

その他、幅広いセクターが売り優勢となり、再び市場は買い材料不足から弱気相場に戻った。中国本土株については上海総合指数が、前日比1.20%安の3,267.20と3日続落、CSI300は同1.27%安の4,270.62で引けた。

異常気象に見舞われる中国では電力不足が再燃

今月に入って異常気象が続く中国。竜巻や洪水の次は猛暑に襲われている。河南省では42度を超える暑さが続き、山東省と河南省の電力消費量は今週、エアコン使用が増加した影響で、記録的な数字となったと報じた。

 

河北省の火力発電会社を訪問した李首相は、「停電を断固として防ぐ」ために石炭の生産能力を高めなければならないと述べた。香港電力大手の中電控股(0002)は13日連続下落した。

 

また洪水に見舞われた中国南部の広東省と福建省では、5月初めから6月半ばまでの降水量が1961年以来最多を記録した。土砂崩れや河川の氾濫などの被害が広がっており、異常気象は今後一層頻度が増すとみられる。

 

こういった要因も中国の電力供給懸念が高まり、市場とは逆境して石炭関連株のラリーが本日も続いた。石炭の採掘業者の弘海高新資源(0065)は前日比140%上昇、綠領控股(0061) は同25%上昇し、市場をアウトパフォームする場面がみられた。

Wells Global Asset Management Limited, CEO 国際金融ストラテジスト <在香港>

シティバンク東京支店及びニューヨーク本店にて、資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。

2004年末に東京三菱銀行(現MUFG銀行)に移籍し、リテール部門でマーケティング責任者、2009年からは国際部門に異動しアジアでのウエルスマネージメント事業戦略を率いて2010年には香港で同事業を立ち上げた。

その後、MUFG銀行を離れ、2015年には香港金融管理局からRestricted Bank Licence (限定銀行ライセンス)を取得し、Nippon Wealth Limitedを創業、資産運用を専業とする銀行のトップとして経営を担った。

2021年5月には再び独立し、Wells Global Asset Management Limitedを設立。香港証券先物委員会から証券業務・運用業務のライセンスを取得し、最高経営責任者として、アジアの発展を見据えた富裕層向けサービスを提供している。

世界水準の投資機会や投資戦略、資産防衛に精通。個人公式サイトなどを通じて、金融・投資啓蒙にも取り組んでいる。(個人ブログ:HASEKENHK.com

京都大学法学部卒・神戸大学経営学修士(MBA)、名古屋市生まれ

著者紹介

連載国際金融ストラテジスト長谷川建一の「香港・中国市場Daily」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ