追い込まれた中小ものづくりメーカー…「いいものさえ作れば」「大手を頼れば」保守的な思考で撃沈

長引く不況、多様化する消費者ニーズに苦しむ中小のモノづくりメーカーのなかには、サプライチェーンの一部となることを選んだり、あえて状況から目を吸向け「いいものを作る」ことに固執したりなど、守りの姿勢で苦境を回避しようとするところも多くありました。しかし、良いものを作っているだけでは生き残れない時代が、すでに到来していたのです。

「良いものを地道に作ってさえいれば…」という甘さ

中小ものづくりメーカーにとって非常に厳しい状況のなかで、変化に対応できる会社ばかりではありませんでした。大手や海外企業の安価な製品に対抗すべく、自分たちにしかできない商品を開発しようと奮闘する会社がある一方で、前向きな具体策を取ることなく流れに身を任せているだけの会社も多くありました。

 

誰しも自分の会社を潰したいはずがありません。

 

どうしても人員が足りなくて、目の前の業務に精一杯だったという会社もあるはずです。資金がなくて、新たな設備投資が難しかったというような事情もあったかもしれません。あるいは、戦後の景気の良いときにどんどん売上を伸ばしていった成功体験にしばられて「今までどおりに良いものを地道に作ってさえいれば、そのうち状況は好転するだろう」と高を括っていた会社もあったに違いありません。

 

いずれにせよあえて厳しい言い方をするなら、そういった企業は「楽をした」のだと思います。

 

今までに経験したことのなかったような時代の荒波のなかで、旧態依然とした地方の中小企業は自らの体質を変えることができず、あとは消えていくしかありませんでした。もちろん、地方の弱小企業である私たちの会社も生き残っていくのは並たいていのことではありませんでした。実は倒産の危機を迎えたこともあるのです。

サプライチェーンの一部になることの、恐ろしいリスク

厳しい状況におかれた中小ものづくりメーカーのなかには、大手企業のサプライチェーンの一部として組み込まれるという道を選んだ会社も多くありました。サプライチェーンというのは、商品や製品が消費者の元に届くまでの調達、製造、在庫管理、配送、販売、消費といった一連の流れのことです。

 

商品の多くは、さまざまな原材料や部品などを組み合わせて作られています。それが運ばれ小売店などの店頭に並び販売されて、消費者の手に届きます。この一連の流れのなかで繰り返される受発注や入出荷といった取引のサイクルがチェーン(鎖)のようになっていることから、サプライチェーンと呼ばれています。

 

私たちの会社も、かつてはサプライチェーンの一部となって脱脂綿を資材として納品していたことがありました。自社の工場で作った脱脂綿がほかの会社の工場に運び込まれてカットされ、ほかの会社の名前を冠したパッケージに袋詰めされて店頭に並ぶというわけです。私たちは商品の「加工」という部分だけを担い、サプライチェーンの一部に組み込まれていました。

 

中小企業はこのようなサプライチェーンに組み込まれていて、自分たちだけでは成り立たないというところがたくさんあります。

 

私たちの会社も安定した加工料が入ってくるということで、一時的には助かっていた面もあります。

 

しかしこういった仕事は、いつなくなるか分かりません。なぜなら、取引先から見たらサプライチェーンの一部になっている会社はいつでも替えがきく存在であることがほとんどだからです。何かトラブルがあれば即座に取引が中止になることもありますし、取引先の方針転換で突然その仕事が必要なくなることもあります。

 

中小企業は経営が苦しいときほどこういった仕事に依存しがちですが、サプライチェーンの一部になるということは、長い目で見たら自らの首を絞めることになるかもしれないリスクをはらんでいるのです。

 

【8/18(土)関連セミナー開催】
節税、相続、贈与対策から資産形成まで…10万円から始める不動産クラウドファンディング

1956年12月6日生まれ、福岡県うきは市出身。

1980年3月に熊本大学機械工学科を卒業し、日本機械学会の「畠山賞」を受賞。大学在学中に創業者の父・禮一郎に請われて、一年間休学して家業を手伝う。大学卒業後に龍宮に入社。2012年に三代目の代表取締役社長に就いた。

「パシーマ」一筋の経営を展開し、数々の賞を獲得。2021年には「JBAヘルスケア認定寝具(TM)」「地域未来牽引企業」に選ばれた。「パシーマ」の売上を順調に伸ばし、商品バリエーションも増え、社業を発展させている。日本睡眠改善協議会(JOBS)の「睡眠改善インストラクター」の資格をもつ。

座右の銘は「天網恢々疎にして漏らさず」「曲なれば全し」。

著者紹介

連載一品勝負!…地方の中小メーカーに学ぶ、スゴイ「ものづくり戦略」

一品勝負 地方弱小メーカーのものづくり戦略

一品勝負 地方弱小メーカーのものづくり戦略

梯 恒三

幻冬舎メディアコンサルティング

「低価格、高品質」の輸入品が市場を席巻するなか がけっぷちの会社が開発した「究極の一品」 度重なる試作の失敗。倉庫に溢れ返る在庫の山。 そんながけっぷちに立たされた地方弱小メーカーが挑んだのは、日本初となる脱…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ