(※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、フィデリティ投信株式会社が提供するマーケット情報『マーケットを語らず』から転載したものです。※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

*補足:「1970~80年代はゼロ金利ではないだろう」

たしかに、「1970~80年代はゼロ金利ではない」ので、説明が必要かもしれません。

 

1970年代は、金融政策が緩和的だった時代です。1971年8月15日に、米国がドルとゴールドの兌換(だかん)を停止しました。簡単にいえば、米国が蓄えるゴールドの量に関わらず、ドルをいくらでも発行することができるようになりました。

 

貨幣の発行ですから、ゼロ金利時代のQEと似ています。その後も1979年になるまで緩和的な金融政策が続き、貨幣の価値は低下します。また、1973年の第1次石油ショックも、物価を押し上げ、ゴールドはインフレ・ヘッジの役割を担いました。

 

あわせて、1970年代半ばの景気後退では、インフレが残っていたものの、失業率が上がり始めると(=景気後退に入ると)、FRBがすぐに利下げをしたため、インフレが高まり、米国経済は本格的なスタグフレーションに向かいます。さらに、1979年の第2次オイル・ショックもゴールドの価格を押し上げたでしょう。

 

1980年と1982年に景気後退が来ますが、70年代半ばと同様、おそらくは(パターンの踏襲として)「景気後退に行くと、利下げ観測が高まり、インフレ懸念からゴールドが買われた」のでしょう。

 

しかし実際には、1979年からは、経済を犠牲にしてもインフレを退治する強烈な引き締め政策が取られ、金利の高さからドルに資金が回帰し、ゴールドの価格は下がりました。そこから1980年代をかけて、インフレ期待は曲折を経ながら、低下していきます。

 

 

重見 吉徳

フィデリティ投信株式会社

マクロストラテジスト
 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    【ご注意】
    •当資料は、情報提供を目的としたものであり、ファンドの推奨(有価証券の勧誘)を目的としたものではありません。
    •当資料は、信頼できる情報をもとにフィデリティ投信が作成しておりますが、その正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。
    •当資料に記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。また、いずれも将来の傾向、数値、運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。
    •当資料にかかわる一切の権利は引用部分を除き作成者に属し、いかなる目的であれ当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ