投資用物件には「掘り出し物」がある?情報を早くつかむコツ ※画像はイメージです/PIXTA

不動産会社の売り方は、まず営業電話をしたり、LINEで直接つながっていたりする顧客に情報を出します。次に、メルマガやSNSを通じて会社の顧客リストに情報を流します。そしてサイトへ物件情報の掲載します。不動産売却実績4000件の新川義忠氏が著書『速く、高く、不安なく!トータルで収益を増やす“不動産売却”の極意』(ごま書房新社)で不動産売却のコツを解説します。

売買する顧客ルートは持っているのか?

不動産会社によってセミナーを実施していたり、メルマガ、LINE@、SNSなどの集客ツールを活用しています。顧客ルートを持っていれば、未公開物件でも売りやすくなります。

 

また、健美家や楽待などで「こういう物件が欲しい」という登録情報に案内することも可能です。これはポータルサイトの利用者の一部に向けて提案メールを送れる機能です。

 

不動産会社の売り方は、まず営業電話をしたり、LINEで直接つながっていたりする顧客に情報を出します。次に、メルマガやSNSを通じて会社の顧客リストに情報を流します。その他、前述したように健美家や楽待などの提案メールを送るといった方法もあります。

 

例えば筆者の会社の場合、メルマガの登録者が約2万9000人います。この2万9000人に紹介して売れないものは、ポータルサイトに出してもなかなか売れないと思っています。もちろん、全員が見ているわけではないですが、それなりの人数が見て何も反応がない物件は売りづらいものだと判断しています。

 

最近は、ポータルサイトなど顧客ルートを持っている不動産会社が増えています。地方でも多いと思います。

 

ポータルサイトに出すことで問い合わせが来たら、自社のリストに加わります。当社ではそれを長年続けており、毎月の問い合わせは500~600人程度になります。

 

結局のところ、ネットに出さなくても売れるかどうかなのです。当社が取引をしている物件の約7割は、表に出していない(レインズに載っていない)物件です。なぜなら買いたいお客さまが多く、必然的に取引数が増えているからです。

 

ここでいう売り方とは、顧客ルートを持ち、融資情報も知っていて、相場もわかる、さらに普段から収益物件を扱って慣れているという、前述した要素をトータルで満たしているかどうかです。何か一つに特化しているのではなく、すべて知っていなければなりません。

 

株式会社クリスティ 代表取締役
富士企画株式会社 代表取締役

1972年、福岡県生まれ。不動産投資専門会社でトップ営業マンとして実績を挙げた後、2012年に独立、富士企画(株)を設立。2016年より老舗不動産会社である株式会社クリスティの代表を兼任。サラリーマンから地主さん、プロ投資家まで様々な案件にて、現在までに約4000件の物件売買に関わる。
「投資家目線でのアドバイス」「すぐには売らないスタイル」の人柄が信頼を呼び、著名大家さんも含めファンが多い。その手腕が話題となり、TBS人気バラエティ『水曜日のダウンタウン』や日テレ『ZIP!』などのテレビ出演も多数。
著書に『物件サポート3500人! 事例で見る“勝ち組大家"の法則』『「いま」から始めて成功する“秘伝"の不動産投資! 』(共にごま書房新社)、『万年赤字物件を脅威の高値で売る方法』(幻冬舎)など累計6作。趣味はサーフィン(「シティウェーブ」世界ランキング入り達成)ほか幅広い。

著者紹介

連載速く、高く、不安なく!失敗しない「不動産売却」の鉄則

※本連載は新川義忠氏の著書『速く、高く、不安なく!トータルで収益を増やす“不動産売却”の極意』(ごま書房新社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

速く、高く、不安なく!トータルで収益を増やす“不動産売却”の極意

速く、高く、不安なく!トータルで収益を増やす“不動産売却”の極意

新川 義忠

ごま書房新社

不動産投資において、「売却」は不可欠なものです。そもそも不動産投資には「家賃収入によるインカムゲイン」「売却時の利益、キャピタルゲイン」と2つの利益があります。 安く買って、高く売れば利益になりますが、10年前に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ