5月の「中国株」見通し

本記事は、東洋証券株式会社の中国株コラムから転載したものです。

香港市場の4月回顧と5月の見通し…

4月回顧…緩やかな下落基調が続いた

香港市場は、上海での新型コロナ感染急拡大、金融緩和策に対する失望感や米国債利回りの急上昇などを背景に緩やかな下落基調が続いた。ハンセン指数は19日、終値ベースで約1ヵ月ぶりの安値を付けた。20日時点、ストックコネクト経由の中国本土マネーの買い越し額は約68億HKDにとどまり、3月の約489億HKDから大幅に細った。

 

個別銘柄では、製品出荷量に回復の兆しがみられていない舜宇光学科技(02382)は大きく下落した。一方、4月21日に上海A株市場に重複上場する中国海洋石油(00883)は堅調だった。

 

5月見通し…不安定な動きも底堅い展開を想定

【予想レンジ】 

ハンセン指数:18,500~22,000pt

 

[図表1]ハンセン指数
[図表1]ハンセン指数

 

5月の香港市場は、不安定な動きが続きそうだ。国内景気の減速懸念は引き続き相場の重荷となるほか、米FRBは5月の会合で金融引き締めを加速する見通し。投資家のリスク回避姿勢が一段と強まる可能性には注意を払う必要があるが、バリュエーション面での割安感から下値余地は限定的と考える。

 

1~3月期の決算発表にも注目したい。中芯国際集成電路製造(SMIC、00981)は12日、テンセント(00700)は18日に決算発表を予定。

 

20日にハンセン指数の構成銘柄の見直し結果が発表される予定。

中国市場の4月回顧と5月の見通し…

4月回顧…景気後退懸念で下落基調

4月の中国市場で各指数は軒並み下落。上海総合指数は12日に約1ヵ月ぶりの安値3,140ptまで売られた。深セン成分指数も20日に約1ヵ月ぶり安値となる11,360ptまで下落。上海のロックダウン長期化に伴う景気減速懸念などが相場の重し。

 

中国人民銀行は15日、預金準備率の0.25pt引き下げを発表したが(実施は25日)、予想より小幅だったことで相場の後押し効果は限定的だった。経済の下振れリスクに敏感な海外投資資金のリスク回避の動きも目立った。外資によるA株売越額は65億元(4月20日まで。3月は450億元売り越し)に上っている。

 

5月見通し…下値は限定的か、高まる政策期待

予想レンジ 上海総合指数:2,750~3,050pt
      深セン成分指数:9,000~11,000pt

 

[図表2]上海総合指数
[図表2]上海総合指数

 

5月の中国市場で各指数は底値固めの展開となりそう。「ゼロコロナ政策」による経済活動の停滞懸念が引き続き相場の変数。

 

ただ、好業績銘柄や積極的に自社株買いを行う大型優良株を中心に自律反発も想定される。上海を中心に経済・生産活動が徐々に回復してくれば、海外投資資金の再流入も考えられる。自動車や家電分野の消費刺激策への期待感から、上海汽車集団(600104)や海爾智家(600690)などが物色される場面もありそう。

 

一方、中国各地での行動制限などの影響で旅行セクターは厳しい状況が続きそう。

 

 

奥山 要一郎

東洋証券株式会社

上海駐在員事務所所長
 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

【5/24開催】「プライベート・アセット」投資とは<プライベート・エクイティ編>

 

【5/25開催】4つの専門家の視点による「相続税土地評価」と相続対策の進め方

 

【5/25開催】毎月のインカムゲインも狙える小型航空機・ヘリコプター投資とは

 

【5/25開催】インフレの先を読む「ESG投資」の最新事情と資産防衛術

 

【5/26開催】税理士による企業オーナーのための「資産管理会社」を活用した資産形成・防衛術

 

【5/27開催】民事信託と生命保険を活用した「資産承継・管理」の正しい進め方

東洋証券株式会社
 上海駐在員事務所 所長

上智大学外国語学部イスパニア語学科卒。通信社、コンサルティングファームを経て、2007年東洋証券入社。本社シニアストラテジストを務め、2015年より現職。中国現地で株式動向のウォッチや上場企業取材などを行い、中国株情報の発信・レポート執筆を手がける。

著者紹介

連載【東洋証券】グローバルマーケット情報

【免責事項等】
この資料は、東洋証券株式会社が信頼できると思われる各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。また、この資料に記載された情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。また、将来の運用成果等を保証するものでもありません。この資料に記載された意見や予測は、資料作成時点のものであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
この資料に基づき投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、東洋証券株式会社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなされるようお願い致します。
この資料の著作権は東洋証券株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願い致します。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ