ギャンブルより勝率高し!「株の短期投資」で楽しく遊ぶ方法 (※写真はイメージです/PIXTA)

日本政府は国民に向け、老後の資産形成を目的とした「株の長期投資」を行うよう推奨しており、行動に移す国民も増えています。長期投資は比較的安全とされる一方、短期投資はギャンブル的な側面が強く、プラスの結果を残すのは並大抵ではありません。しかし、一般的なギャンブルより勝率は高く、そこに着目して楽しむ方法はありそうです。自身も短期投資を趣味とする、経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【関連記事】極めて紛らわしい…財務省の「国は大幅赤字」の本当の意味

「カジノのギャンブル」と「株の短期投資」は似ている

会社の価値が短期間で大きく変わることは滅多にありません。しかし、株価が短期間で大きく動くことは珍しくありません。投資家たちが「この株が上がりそうだ」と考えて買い注文を出せば、実際に株価が大きく上がるかもしれないからです。

 

このように、「会社の価値がかわらないのに株価が変わる」ことを利用して利益を得ようというのが「株の短期投資」なのです。しかしそれは、非常に難しいことです。

 

この会社は将来的に儲かりそうか、この会社の価値は将来上がりそうか…といったことを予想するのも簡単ではありませんが、いろいろと方法はありそうです。

 

しかし、「明日になったら多くの投資家が、A社株の値上がりを予想して買い注文を出すだろう」ということを予想し、それならA社株が値上がりする前に買っておこう、という行動で儲けるのは、よほどの天才でない限り無理でしょう。

 

一般の投資家にとっては、カジノのルーレットで赤が出るか黒が出るかを予想するのと、A社株が値上がりするか値下がりするかを予想するのは、同じくらい難しいのではないでしょうか。

 

つまり、株の短期投資をするのはカジノでルーレットに賭けるのと同様のバクチなのです。

 

筆者は、バクチだから問題だなどとは考えません。筆者自身バクチは好きですから、株の短期投資を楽しんでいます。カジノや競馬競輪より、株の短期投資のほうが「期待値が高い」ですから(笑)。

株の短期投資は「カジノより期待値が高い」ので…

カジノや競馬や競輪は、客の賭けた金額と客の受け取った金額の差が結構大きいといわれています。胴元が利益を稼いでいるわけですね。つまり、客としては期待値が結構マイナスなのに、金を賭けているわけです。それは、客が積極的(強欲?)で大胆(向こう見ず?)だからでしょう(笑)。

 

一方、株式市場の主な投資家は、臆病(慎重?)でリスクを嫌います。10円儲かるか10円損するか、確率が五分五分だったら賭けはしないのです。12円儲かるか10円損するか五分五分だったら、慎重に考えた上で投資をしてみる、といったイメージでしょうか。

 

そうした臆病な投資家ばかり集まる株式市場では、11円儲かるか10円損するか、といった投資案件にはだれも投資しないので、筆者が投資しようと思えば簡単に投資できるのです。

 

長期投資の話になってしまいますが、配当利回りのほうが銀行預金の金利よりもはるかに高いのは、人々が臆病で「株は配当利回りが高いけれども、暴落して損をするリスクがあるから買いたくない」と考えているからです。筆者が株の長期投資で高い配当利回りが享受できているのは、株式市場の投資家たちが臆病だからです。

 

説明に使えるわかりやすい事例が思いつきませんが、短期投資についても、同様な事が起きているはずです。

 

ちなみに、投資の教科書は「リスクは悪いものだ」という前提で書かれています。ここでリスクというのは、日常用語のリスクではなく、「儲かるか損するかわからない状態」を意味しています。

 

つまり、12円儲かるか10円損するかわからない状態は、リスクがあって嫌だけれども、期待値として1円儲かる(12円とマイナス10円の平均)嬉しさが若干優っているから投資をしてもいい、といった発想が大元にあるのです。

 

まあ、バクチが好きな筆者でも、「3倍になるかゼロになるか」に全財産を賭けてみろといわれたら嫌ですから、わからなくもありませんが(笑)。

 

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ