円安が止まらない…簡単・安定的に「外貨で資産形成」する方法 (※写真はイメージです/PIXTA)

老後資産の形成をするには、リスクヘッジと収益の最大化のためにポートフォリオを組まなければなりません。最近では生命保険でも当たり前のように外貨建てが取扱われるようになり、アメリカのETFが注目されていることによって、やっと日本人にも外貨での資産形成が根付いてきました。今回はポートフォリオについて、金融商品のポートフォリオではなく、「通貨のポートフォリオ」という切り口で解説をします。

【関連記事】保険会社が公表しない「生命保険で最大限の老後資金を作る」ための“鉄則”

安定性・影響力大…持っておきたい「国際通貨」

当たり前ではありますが、日本人は日本円で収入を得ています。外貨建ての商品の取り扱いが増えたといっても、一般的なものはアメリカドルでの投資であり、その他の通貨での投資は増えていません。

 

そもそも日本円とアメリカドルだけのポートフォリオでリスクヘッジはできるのでしょうか。

 

一般的に国際通貨とは、国際通貨基金(IMF)のSDRに採用されている通貨のことをいいます。採用されているのは、アメリカドル、ユーロ、中国元、日本円、ポンドです。

 

国際通貨基金(IMF)は加盟国のリスクヘッジのために採用した外貨を準備しています。リスクヘッジという意味で、個人の資産形成においても参考になる通貨のポートフォリオだといえるでしょう。

 

国際通貨基金(IMF)のSDR比率は、アメリカドルが一番多く、ユーロと合わせると7割を超えます。日本円は一時期比率が3番目に多かったのですが、2016年に中国元が採用されてからというもの比率が8%程度に下がっています。アメリカドルやユーロの比率も下がっており、中国元が国際的に影響力を増していることがわかります。

 

国際通貨は比較的ボラティリティも小さいため、長期でリスクヘッジをするにはオススメです。逆に国際通貨ではない新興国の通貨は、銀行金利が高いものの、ボラティリティが大きいため長期でリスクヘッジすることはできません。

 

老後資産形成のためには長期でリスクヘッジをする必要がありますが、通貨のポートフォリオを国際通貨基金(IMF)のSDR比率を参考にするのであれば、アメリカドル4割、ユーロ3割、中国元、日本円、ポンドを1割ずつ持つことでリスクヘッジができます。

 

つまり、いま流行っているアメリカのETFだけでは長期的に十分なリスクヘッジができないのです。

クレディ・テック株式会社 代表取締役

海外不動産投資における圧倒的な口コミ評価・相談リピート件数を誇る第一人者。不動産取引における「騙し」を無くすために、公平・透明なアドバイスを行う。

外資系金融機関にて年間100社の財務コンサルティング経験、法人の税務・会計知識を習得。その後、不動産コンサルティング会社にて先進国不動産事業を立ち上げ、総額$150MMの売買取引に携わる。

上場企業との米国不動産プロジェクト推進、不動産会社の米国進出コンサルティング、英国での法人設立など豊富な知見を持ち、自身でも複数国に不動産を有する。

海外不動産投資を動画でわかりやすく発信するメディア『海外不動産のホントのトコロ』(https://credi-tech.co.jp/article/)

YouTubeチャンネル『海外不動産のホントのトコロ』 (https://www.youtube.com/channel/UCDq3bojqCvTnRXKu7Aur_Kg)

著者紹介

連載投資のプロが解説!資産形成のホントのトコロ

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ