高度経済成長の波にのる…フィリピン「タイムマシン投資」とは?

コロナ後を見据えて、再び海外からの投資マネーの流入が活発化しているというフィリピン。なぜ、フィリピンは世界の投資家の注目を集めているのでしょうか。フィリピン投資の魅力について、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクター、家村均氏が解説します。

【関連記事】4泊5日で取得可能!資産保全のためにも「フィリピン永住権」がおすすめなワケ 

フィリピン…日本の高度成長期と同じ道を辿れるか?

\\7/2開催//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した最新「資産防衛&永住権取得術」

 

フィリピンへの投資の魅力は色々ありますが、ひと言でいうならば、「高度成長の波に乗るタイムスリップ投資」ということでしょう。

 

高度成長というと、日本でいえば、1960年~1970年代くらい。高度経済成長期と言われた時代に戻って投資をする、そのようなことが叶うのがいまのフィリピンだといえるのです。

 

まずはフィリピンの概要について振り返ってみましょう。まず人口は非常に多く、1億人を超えています。人口規模が大きい=国内需要が大きいということで、経済成長に欠かせない要素です。そして平均年齢は23.7歳と非常に若いのも特徴。平均年齢が若いということは消費力がある、労働力になる、ということですから、これも経済成長にプラスに働きます。

 

投資面でいうと、日本から近くて、時差が1時間しかないこともプラスです。不動産投資などでは、やはり現場を見たいということもあるでしょう。海外不動産投資の面では、近いにこしたことはないでしょう。

 

【フィリピンの概要】

人口:1億0,600万人

在留邦人:約1万6,000人

面積:29.9万㎢(日本の約0.8倍)

首都:マニラ(人口1,288万人※2015年国勢調査)

平均年齢:23.7歳(日本は48.4歳)

言語:タガログ語、英語

通貨:フィリピンペソ

元首:ロドリゴ・ドゥテルテ大統領(2016年6月就任、任期6年)

フライト時間:日本→フィリピンで約4時間、時差共に1時間

 

ではタイムスリップ投資について、もう少し詳しくみていきましょう。フィリピンはまさにいま、高度成長期の入るステージです。高度成長期の日本では何が起こっていたかといえば、政治の安定、そしてインフラの整備。これらを土台に経済成長を実現しました。同じようにフィリピンでもインフラ整備が積極的に進められ、経済成長の土台がつくられているわけです。

 

土台ができたといっても、フィリピンではすでに高い経済成長を記録しています。GDPはコロナ禍前、年に7~8%の成長率を誇り、10年で3倍ほどになりました。コロナ禍ではマイナス成長となりましたが、すでにプラス成長へと転換し、成長の勢いが増していくと世界の専門機関が発表されていて、2050年には世界で20番目ほど、東南アジアではタイやマレーシアを上回り、韓国と同じくらいになるといわれています。

 

【7/2(土)関連セミナー開催】

世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開

 

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

著者紹介

連載資産防衛のための投資手法研究

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ