10万円で理想の資産運用がかなう「フィリピン株式投資」の魅力

コロナ後を見据えて、再び海外からの投資マネーの流入が活発化しているというフィリピン。一時は大きく値を下げていたフィリピン株式も、過去最高値を記録する企業が続々と出てきています。そんなフィリピン株式の魅力とは? 一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクター、家村均氏が解説します。

【関連記事】高度経済成長の波にのる…フィリピン「タイムマシン投資」とは? 

銘柄選定が簡単なフィリピン株式市場

最初にフィリピン株式市場の特徴についてみていきましょう。

 

フィリピン株式市場は成長過程にあり、いまはサイズ的にも小さく、現在の上場銘柄は270くらいです。そのなかには流動性が低く投資するには向かないものもあり、それらを除いて投資する銘柄を決めていきます。アメリカの株式市場に上場しているのは4,000社、日本の株式市場に上場しているのは3,600社と言われているので、フィリピン株式はずいぶんと「銘柄選定がわかりやすい」という特徴があります。

 

さらに銘柄数が少ないなかで、注目すべきは内需型企業。なぜならば、フィリピンという国の経済は、これから高度経済成長期に入り、内需が大きく拡大するステージに入るからです。経済が成長すれば、自ずとこれらの企業も成長していくわけです。

 

たとえばインフラを手がける企業、インフラを運営する企業、都市開発を手がけている企業などは、今後、伸びていくだろうということが予想されます。

 

フィリピン株式ではよく「財閥銘柄」という言葉を聞くと思いますが、成長が期待できる企業はこれに当たります。

 

財閥というと、日本では戦後に解体されましたが、フィリピンでは経済全体はもちろん、株式市場でもとても重要な存在です。フィリピン株式仕様では「ホールディングスファイナンス」というカテゴリーがされています。そのなかでも「10大財閥」といって、重要な財閥が10社あります。

 

日本のトップ企業と比べると、まだまだ見劣りする規模ですが、それでも時価総額で1,000億円を超えるようなところはたくさんありますし、そのなかでもトップ企業になると、時価総額1兆円に近づいている企業もあります。フィリピン経済の規模からすると、存在感はかなりのものになります。

 

フィリピンではインフラ整備が国策として大々的に進められ、国家予算の半分を占めています。それらに関わってくるのが、財閥企業です。

 

またエネルギー関連の企業も注目です。フィリピンではGDPが10年で3倍になりました。それだけエネルギー需要が増えているわけですから、それに関わる企業も大きく成長しています。今後も同様の経済成長が見込まれているので、これらの企業もさらに成長することが期待されます。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

著者紹介

連載資産防衛のための投資手法研究

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ