「先妻の子に、夫の財産を渡したくない」自己破産夫を成功させた後妻の本心【弁護士が解説】 (画像はイメージです/PIXTA)

事業の失敗で自己破産した夫は、後妻とその父親の資金援助でビジネスを立て直すことができました。夫婦は子どもにも恵まれ幸せいっぱいでしたが、気がかりなのは、夫が先妻との間にもうけた2人の子どもです。後妻は、自分と父親の援助で成功した夫の財産が、先妻の子どもたちに相続されることに納得できません。長年にわたり相続案件を幅広く扱ってきた、高島総合法律事務所の代表弁護士、高島秀行氏が実例をもとに解説します。

【関連記事】妻所有の自宅に、夫の両親が突然来訪「今日からここで暮らす」拒絶は可能か?【弁護士が解説】

自己破産した経営者、後妻とその父親の援助で再起する

太一さんの娘である花子さんは、バツイチの和夫さんと結婚しました。

 

和夫さんは、飲食店を営んでいましたが失敗し、自己破産もし、当時の妻である絵里子さんと離婚しました。和夫さんは、絵里子さんとの間に、洋君と海君の2人の子どもがいます。

 

太一さんや花子さんの資金的な支援もあり、和夫さんは、飲食店経営を成功させ、3店舗を持つまでになりました。

 

花子さんは、和夫さんとの間に長男・和樹君が生まれたことから、家を買おうと考えています。

 

ただ、花子さんは、和夫さん名義で家を買うと、和夫さんに万が一のことがあったときに、前妻の絵里子さんとの子どもである洋君と海君に相続権が発生してしまうのではないかと心配しています。花子さんは、自分が和夫さんをゼロから立ち直らせて財産を築けるようになったのに、自分と結婚したあとに築いた財産を、前妻の子である洋君と海君に一部でも取られてしまうのは納得できません。

 

あああ
相続人関係図 花子さんは、夫・和夫さんに万が一のことがあったとき、先妻との間の子どもである洋君、海君に財産が渡ることを阻止したいと考えている。なぜなら、自己破産した夫を資金援助し、立ち直らせたのは、花子さんとその父・太一さんだからである。

 

花子さんはどうしたらよいでしょうか。

 

①和夫さんは、自己破産しており、離婚した後に築いた資産については、洋君と海君に相続権は発生しないので心配はない。

 

②和夫さんが花子さんと和樹君に全財産を相続させるという遺言を書けば全財産を花子さんと和樹君が相続するので心配はない。

 

③和夫さんが花子さんと和樹君に全財産を相続させるという遺言を書いても、洋君と海君には遺留分があるので、花子さんと和樹君に全財産を相続させるという遺言を書いたうえで、なるべく和夫さん名義の財産を残さないようにするほかない。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

高島総合法律事務所
代表弁護士 

1965年生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業、1994年弁護士登録。第一東京弁護士会所属。現在、高島総合法律事務所、代表弁護士。

不動産会社、個人の資産家等の顧問を務めており、『相続・遺産分割する前に読む本―分けた後では遅すぎる!』、『訴えられたらどうする!!』、『企業のための民暴撃退マニュアル』(以上、税務経理協会)などの著作がある。

「遺産相続・遺留分の解決マニュアル」をホームページに掲載している。

著者紹介

連載相続専門弁護士が解説!よくある相続トラブル実例集

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ