市場も驚く「2ヵ月決算」の珍プレー好プレー

本記事は、東洋証券株式会社の中国株コラム「長城街日報~中国株の現場から~」より転載したものです。

【関連記事】5日、中国全人代が開幕…“中国経済動向を総ざらい”【在香港の金融ストラテジストが解説】

市場を驚かせた超短期決算

「22年1~2月期の売上高と純利益はいずれも20%前後増加しました」――。

 

突然のアナウンスに市場がザワついた。貴州茅台酒(600519)が3月7日引け後に発表した1枚の簡単なリリース。2ヵ月のみの中途半端な業績公表は見たことがない。異例の展開の背景には何があったのだろうか。

 

代表的企業を筆頭に「2ヵ月決算」の公表相次ぐ

中国A株上場企業の決算期は一律で12月締め。各社には四半期決算の公表が義務付けられており、1~3月期分は同期終了から1ヵ月以内、つまり4月末までに提出することになっている。

 

自動車、電子、食品、航空などのセクターで月次データを出す企業もあるが、販売や輸送量などの基本データにとどまり、わざわざ売上高や利益などの公表はほぼ皆無。そのため、貴州茅台酒の発表は市場で驚きを持って受け止められた。

 

中国の代表的企業であるマオタイの動きを号砲に、オレもオレもとばかりに「2ヵ月決算」の公表が相次いでいる。

 

中国旅遊集団中免(601888)は「約20%の増収増益」、浙江三花智能控制(002050)は「40%前後増収・30%前後増益」、内蒙古伊利実業集団(600887)は「15%以上増収・20%以上増益」などと素知らぬ顔で、いや、ドヤ顔で明らかにしてきた。

 

これまでに100社前後が同様の発表をしたようだ。なかには、王府井集団(600859)のように「1~2月の販売は8.7%増加しました!」というややショボい内容(失礼!)も散見される。

 

まぁ、老舗小売企業がコロナ禍のなかでプラス成長したことは評価できよう。販売減だったら正直に公表してきたかどうかは定かではないが。

 

東洋証券株式会社
 上海駐在員事務所 所長

上智大学外国語学部イスパニア語学科卒。通信社、コンサルティングファームを経て、2007年東洋証券入社。本社シニアストラテジストを務め、2015年より現職。中国現地で株式動向のウォッチや上場企業取材などを行い、中国株情報の発信・レポート執筆を手がける。

著者紹介

連載【東洋証券】グローバルマーケット情報

【免責事項等】
この資料は、東洋証券株式会社が信頼できると思われる各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。また、この資料に記載された情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。また、将来の運用成果等を保証するものでもありません。この資料に記載された意見や予測は、資料作成時点のものであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。
この資料に基づき投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、東洋証券株式会社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなされるようお願い致します。
この資料の著作権は東洋証券株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願い致します。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ