「A判定だったのに不合格」「E判定でも合格」…私立医学部受験“番狂わせ”の事情 (※写真はイメージです/PIXTA)

今年も2月25日から、国立大学の前期日程試験が実施されました。3月となり、次はついに自分たちだ、と来年に向け気合を入れる高校二年生・既に浪人を決め前を見ている受験生の姿が見られます。ここでは私立医学部受験の「番狂わせ」、そして医学部受験や浪人への「向き不向き」について、医学部受験専門予備校メディカ代表の亀井孝祥氏が解説していきます。

あなたにオススメのセミナー

    【関連記事】医学部「学費全額免除」で「9年間地方勤務」を確約…“地域枠入試”の実態

    私立医学部のA判定には「まったく油断できない」ワケ

    医学部受験では、「模試ではA判定だったのに落ちる」、逆に「E判定だったのに合格する」といった番狂わせがよく起こります。

     

    これには、受験生や保護者の方が見落としがちな「受験形態の落とし穴」が隠れているのです。以下に説明していきます。

     

    保護者の方のなかには、子どもの小学受験や中学受験を経験した人も多いことでしょう。塾講師や学校の先生と話すなかで、「判定がよくないから志望校を変えたほうがいい」と言われたことはありませんか?

     

    小学受験や中学受験には浪人という概念がなく、ほとんど一発勝負の世界です。ですのであまりよくない判定が出た学校に絞るような冒険は避け、A判定、B判定といった安全圏へ志望先を変えることがあります。このような経験をしていると、どうしても、「模試の結果=志望校に対する自分の実力」と、捉えてしまいがちですよね。

     

    しかし、医学部受験の場合は事情が異なります。

     

    \医学部受験生を持つお母様、お父様必見!/
    医学部受験のプロが登壇!
    医学部受験対策WEBセミナー

    メンタル面のノウハウから、学力を伸ばす最新テクニックまで全公開!

     

    大手予備校が開催する模試は、さまざまなレベルの人に向けて、ありとあらゆる大学の判定に対応できるよう、クセのない標準的な問題で構成されています。

     

    よって、他学部との共通問題で構成されるような国立大学の受験を考えている場合は、判定も効果的な試験であるといえるでしょう。 

      

    一方、私立大学医学部の入試問題は、大学ごとに強い特色が見られます。一度解いたことのある、やや難系の問題をひたすら羅列するパターンもあれば、これまで目にしたことのない初見の問題で、応用力や論述記述力を見極めようとする方式もあり、その種類はさまざまです。

     

    これらの「変化球」とも呼べる問題に、大手予備校の開催する模試は対応していないのです。 

     

    つまり、模試の結果がいい人は、「まんべんなく基礎が身に付いている人」「標準的で、正攻法からくる問題には強い人」とはいえますが、だからといって、私立の試験問題を解く実力があるとは限らないのです。 

    医学部受験専門予備校メディカ 代表
    数学講師 

    愛知・東海高校から東京理科大学へ。

    塾講師を経て医学部受験予備校YMSにて数学科主任、教学部長など9年務めたあと、姉妹校設立のため独立。

    姉妹校提携解消後、医学部受験専門予備校メディカを設立。現在に至る。

    著者紹介

    連載コロナ禍「医学部受験」の最新事情

    本記事は、医学部受験サクセスガイド『集中メディカ』ホームページのコラムを抜粋、一部改変したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ