昭和版「所得倍増」では、池田勇人首相は「しっかりと政府がおカネを使えば、国民経済は成長し、所得は早晩2倍になる」と考えていました。実際に池田首相はそれをきっちり実行し、予定通りに国民の所得を倍増させました。令和版「所得倍増」は実現するのでしょうか。元内閣官房参与の藤井聡氏が著書『なぜ、日本人の9割は金持ちになれないのか』(ポプラ新書)で解説します。

【関連記事】子育て世代はもう限界だ!「日本人の給料が上がらない」理由

岸田総理は本気か?「所得倍増」の現実味

令和3年9月29日、自由民主党の総裁選で、岸田文雄氏が勝利し、新総裁となりました。その岸田氏は、総裁選挙にあたって政権構想「岸田ビジョン」を公表し、そのなかの一番の柱として、令和版「所得倍増」計画をぶち上げました。

 

この岸田新総理の計画は、本連載でお話ししようと思っていたメインのメッセージそのものといえるプランでした。

 

そもそもこの岸田氏のビジョンは要するに、「私が自民党総裁になれば、たとえば所得が200万円の人は400万円に、所得が500万円の人は1000万円になるような経済対策を行うことをお約束します!」というお話だったからです。

 

逆にいうなら、私たち日本人がここ10年、20年、ずっと持ち続けてきた「おカネ持ちになれない」ということについての不満をしっかりと感じ取った政治家・岸田文雄が、その不満を解消するためにぶち上げたものこそが、令和版の「所得倍増」計画だったからです。

 

それを高らかに宣言し、その甲斐あって総理に指名されたのが岸田新総理なのですから、当然ながら岸田氏は今、私たちの所得を「2倍」にする政治的責任を負っているわけです。

 

「民間給与実態統計調査」(国税庁)より。
日本人の平均年収「10年間の推移」 「民間給与実態統計調査」(国税庁)より。

【画像】日本人の給料は全然上がっていない!「給料30年間の推移」

 

しかし……果たして岸田総理は本当に、私たちの所得の倍増を、達成できるのでしょうか?

 

本連載をとりまとめてきた僕の立場から冷静に申し上げるなら、その答えは「Yes」であり、「No」であると考えています。

 

つまり、「岸田総理が、日本経済が今まで成長しなかったメカニズムをしっかりと理解し、その上で適切な対策を行えば、確実に達成できる。しかし、それを行わなければ、達成できない」といわざるを得ないわけです。

 

それではいったい、「適切な対策」とは何なのでしょうか?

 

指標として、私たち日本がかつて行った「昭和版」の所得倍増計画を振り返ってみましょう。

 

かつて行われた「所得倍増計画」とは、昭和35年(1960年)に池田勇人内閣が掲げた長期経済政策です。池田首相は10年間で国民所得を2倍にすると宣言し、さまざまな経済対策を行いました。そしてその結果、当初の目標である「10年」より遙かに早くたった「7年」で日本の国民一人当たりの実質国民所得は2倍の水準に達したのでした。

 

次ページ池田勇人が行った「所得倍増」の経済対策

あなたにオススメのセミナー

    本連載は藤井聡氏の著書『なぜ、日本人の9割は金持ちになれないのか』(ポプラ新書)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    なぜ、日本人の9割は金持ちになれないのか

    なぜ、日本人の9割は金持ちになれないのか

    藤井 聡 木村 博美

    ポプラ新書

    「日本経済の5つの嘘」にだまされるな! この「嘘」に気付かなければ、あなたは一生貧乏でいるしかない。富裕層だけが知っている日本経済のからくりとは? コロナ禍をうまく脱却すれば、日本人はやっと金持ちになれる。 安…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ