子育て世代はもう限界だ!「日本人の給料が上がらない」理由

日本人の給料が増えないのも、「安いニッポン」に成り下がったのも、すべて「経済成長」を軽視したことが原因だといいます。経済が成長すれば給料が上がるのであれば、経済成長を続けるには何が必要なのでしょうか。日本経済の分岐点に幾度も立ち会った経済記者が著書『「経済成長」とは何か?日本人の給料が25年上がらない理由』(ワニブックスPLUS新書)で解説します。

【関連記事】「タワマンを7000万円で購入した夫婦が…」銀行支店長の本音

働き盛り、子育て世代ほど給料は減少する

今回の東京オリンピックでは改めてスポーツの素晴らしさを教えてもらいました。アスリートの皆さんには感謝の想いを届けたいと思います。

 

さて、39歳のソフトボールの上野由岐子選手から、14歳のスケートボードの西矢椛選手や13歳の開心那選手まで、私たちに感動を届けてくれた、並みいる金メダリストに代表される幅広い年齢層はいわば「新五輪世代」と言えるでしょう。今後の日本を背負ってくれることになります。

 

ところが経済社会では多くの若者ががんばって報われる環境に恵まれていません。政官エリートが25年にも及ぶ慢性デフレを放置してきたからです。

 

選手達の奮闘をテレビ観戦しながら、考えました。なぜ日頃は縁遠い種目のスポーツに惹きつけられるのか、と。どれをとっても私たちが働く世の本来あるべき姿を映し出すからでしょうか。

 

自由主義経済の原則は、万人が平等に働く場やビジネスに参加する権利を持ち、公正なルールのもとで切磋琢磨することです。オリンピック競技でも基本は同じです。一度の負けで次に進めなくなる競技は多いですが、敗者が復活できるゲームもあります。スケートボードのように、失敗しても、次の挑戦で挽回できるというのにはわくわくさせられます。いつか来る大波に乗れば一発逆転できるサーフィンも若者ならではのスポーツなのでしょう。

 

現代日本の実社会に目を転じると、いまの若者や働き盛りの世代は総じて恐るべきハンディを負っています。というのも、自身の才覚や努力が所得や仕事の機会に繫がる土俵が脆弱だからです。

 

物価は悪しき政治と政策によって人為的に押し上げられ、賃金はじわじわと目減りしています。希望する仕事に就ける機会が年を重ねるごとに小さくなっています。それが日本特有の慢性デフレ病です。しかも、進行速度が緩慢であるために自覚症状が乏しい。デフレ経済では、就職して、がんばって働いて、伴侶を得て、家庭を築き、マイホームを建てて、子育てに励む、そういう、これまで伝統的でごく当たり前だった人生の道のりが勤労世代全体に当てはまらなくなっています。

 

2000年から2020年までの平均月給を見てみると、30歳代から40歳代までどの年齢層も2010年まで下落傾向でした。2012年12月からアベノミクスが始まると、20歳代から30歳代は上向きましたが、40歳代は漸減傾向が続きました。

 

しかし、コロナ禍の2020年にはすべての世代で下がりました。同年の月給を20年前の2000年と比較すると、20歳代前半が7500円増えただけで、30歳代前半が1万6400円、同後半が2万7700円、40歳代前半が2万5500円の減少となっています。

 

一般的にはコロナ不況の深刻さに目が向きがちですが、働き盛り、子育て世代の給与所得は長期的に減る傾向になっています。新五輪世代が先行きを不安視して、子づくりに慎重になるのは無理もありません。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】5/18(水)開催
保有不動産の「価値」を向上させる最適な提案!
家賃収入、節税対策、相続対策、資産運用…「資産活用セミナー」

産経新聞特別記者、編集委員兼論説委員

1946年高知県生まれ。70年早稲田大学政治経済学部経済学科卒後、日本経済新聞入社。ワシントン特派員、経済部次長・編集委員、米アジア財団(サンフランシスコ)上級フェロー、香港支局長、東京本社編集委員、日本経済研究センター欧米研究会座長(兼任)を経て、2006年に産経新聞社に移籍、現在に至る。主な著書に『日経新聞の真実』(光文社新書)、『人民元・ドル・円』(岩波新書)、『経済で読む「日・米・中」関係』(扶桑社新書)、『検証 米中貿易戦争』(マガジンランド)、『日本再興』(ワニブックス)がある。近著に『「経済成長」とは何か?日本人の給料が25年上がらない理由』(ワニブックスPLUS新書)がある。

著者紹介

連載日本人の給料が25年間上がらない残念な理由

本連載は田村秀男氏の著書『「経済成長」とは何か?日本人の給料が25年上がらない理由』(ワニブックスPLUS新書)の一部を抜粋し、再編集したものです。

「経済成長」とは何か?日本人の給料が25年上がらない理由

「経済成長」とは何か?日本人の給料が25年上がらない理由

田村 秀男

ワニブックスPLUS新書

給料が増えないのも、「安いニッポン」に成り下がったのも、すべて経済成長を軽視したことが原因です。 物価が上がらない、そして給料も上がらないことにすっかり慣れきってしまった日本人。ところが、世界中の指導者が第一の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ